「修」

白川静『常用字解』
「会意。攸ゆうと彡とを組み合わせた形。攸は人の背中に水をかけて洗う形で、みそぎをするの意味である。みそぎによって身心が清められ、心の安らぐことを悠という。清められたことを象徴的に示す記号のような文字の彡を加えて修という。修は“きよめる、おさめる、つくろう”の意味となる」

[考察] 
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くのが特徴である。攸(みそぎをする)+彡(清められたこと)→「きよめる」という意味を導く。
悠を介在させるのは、「みそぎによって身心が清められる」ことを修の意味とするのであろう。
攸に「みそぎをする」という意味があるだろうか。意味とは文脈で使われる、その使い方である。攸は古典では「~のところ」という意味で使われる。また、修に「みそぎによって身心を清める」という意味もない。
これらは字形から意味を導いたものである。図形的解釈と意味を混同している。意味は具体的な文脈から把握するものである。修は次の用例がある。
①原文:美要眇兮宜修
 訓読:美しく要眇として宜しく修むべし
 翻訳:[女性の姿は]何とも言えず美しく、形よく整っている――『楚辞』九歌・湘君
②原文:王于興師 脩我甲兵
 訓読:王于(ここ)に師を興さば 我が甲兵を脩(=修)めん
 翻訳:王が軍を立ち上げたら[戦を始めたら] 我らは武器を整えよう――『詩経』秦風・無衣
③原文:修己以敬。
 訓読:己を修めて以て敬す。
 翻訳:[君子は]自分を修養して慎み深くする――『論語』憲問

①はスマートな形に整える(飾ってよい形にする)の意味、②は乱れたものや壊れたものを直して形よく整える意味、③は学問や教養を身につけて人格を立派にする意味で使われている。これを古典漢語ではsiog(呉音でス・シュ、漢音でシウ)という。これを代替する視覚記号として修が考案された。
修は「攸ユウ(音・イメージ記号)+彡(限定符号)」と解析する。攸は「人+|+攴(攵)」に分析できる。金文では|が┇になっている。|や┇は縦に線条的に(または点々と)長く延びることを示す象徴的符号である。攴は動作を示す限定符号。したがって攸は人の背中に水を線条的に(点々と)流す情景を設定した図形。この意匠によって「細長い」というイメージを表すことができる。「細長い」は「ほっそりとして形がよい(スマートである)」というイメージに展開する。彡は飾りやあや・模様と関係があることを示す限定符号である。かくて修はよくない形を整えて細く引き締め、スマートな形に見栄えよくする状況を暗示させる。この図形的意匠によって、形を整えて飾ることを意味するsiogを表記する。