「習」

白川静『常用字解』
「会意。もとの字は羽と曰とを組み合わせた形。曰は祝詞を入れる器(ᆸ)の中に祝詞が入っている形で、その上を摺ることを習という。祝詞を入れる器を羽で摺るのは、その祈りの効果を刺激する行為であり、それをくり返すことを習うという」

[考察]
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法である。曰(祝詞の入った器)+羽→祝詞の器を羽で摺るという意味を導く。また、その行為をくり返すという意味に展開させる。
祝詞を入れる器を羽で摺るというのはどういう行為であろうか。また、羽で摺ることが祈りの効果を刺激するとはどういうことか?だいたい祝詞は口で唱える祈りの言葉(音声言語)である。これを器に入れるとはどういうことか。口で祝詞をあげれば十分なはずではなかろうか。わざわざ器に入れて羽で摺ることが祈りの効果に刺激を与えるというのが理解し難い。また、その行為をくり返すことだというが、どこからくり返すという意味が出てくるのか。さまざまな疑問が浮かぶ。
字形の解釈をストレートに意味とするのは白川学説の特徴であるが、図形的解釈と意味を混同する傾向がある。意味は字形から出て来るというのが白川学説の根本であるが、これは誤りと断じてさしつかえない。これは言語学に反する。言語学では言葉(記号素)は音と意味の結合体で、意味は言葉に内在する概念と定義される。
意味は「言葉の意味」であるから、字形に意味を求めるべきではなく、言葉の使われる文脈に求めるべきである。習は次のような文脈で使われている。
①原文:習坎入坎。
 訓読:坎カンを習(かさ)ねて坎に入る。
 翻訳:危険を重ねてまた危険に陥る――『易経』坎
②原文:學而時習之、不亦説乎。
 訓読:学びて時に之を習ふ、亦説(よろこ)ばしからずや。
 翻訳:学問を学んでいつも繰り返してそれを行う、何とうれしいことではないか――『論語』学而
③原文:習者曰。
 訓読:習(な)るる者曰く。
 翻訳:慣れ親しむ者[近習]はこう言った――『呂氏春秋』任数

①は同じことを重ねて行う意味、②は何度も繰り返してまねて身につける(ならう)の意味、③は何度も同じことが繰り返されて慣れる(なれる・なじむ)の意味に使われている。これを古典漢語ではd(z)iәp(呉音でジフ、漢音でシフ)という。これを代替する視覚記号として習が考案された。
習は「羽(イメージ記号)+白(限定符号)」と解析する。羽は鳥のはねであるが、はねという実体に重点があるのではなく、形態や機能に重点がある。羽は形態的特徴から「同じものが並ぶ」というイメージがあるが、「同じものが重なる」というイメージにもなる。また機能的特徴から「(上から覆って)重なる」というイメージを表す。「横に並列して重なる」と「上下に覆って重なる」の違いはあるが「重なる」というイメージは共通である。白は自の変形で、動作を示す限定符号として使われる(158「皆」を見よ)。かくて習は同じようなことを重ねて行う状況を暗示させる。この図形的意匠によって①の意味をもつd(z)iәpを表記する。
意味はコアイメージによって展開する。「重なる」というコアイメージから、「同じことを繰り返す」というイメージに展開し、①→②→③へ転義する。また、④繰り返し行ってきて慣れた事柄(ならわし)の意味も派生する。