「柔」

白川静『常用字解』
「会意。柔は矛と木とを組み合わせた形であるが、この字の場合は矛ほこではなく、木を曲げた形のようである。神意をやわらげるの意味から、“やすらげる、やわらか、やわらかい” の意味となる。

[考察]
矛が「木を曲げた形」とはおかしい。木を曲げた形に更に木を合わせる形で、「神意をやわらげる」の意味というのもおかしい。そもそも「神意をやわらげる」とはどういうことか。
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法であるが、疑問がある。というよりもそれは間違った方法である。意味は「言葉の意味」であって、字形に求めるべきではなく、言葉の使われる文脈に求めるべきである。柔は古典に次の用例がある。
①原文:柔則茹之 剛則吐之
 訓読:柔らかなれば則ち之を茹(くら)へ 剛なれば則ち之を吐け
 翻訳:柔らかいなら食え 固ければ吐け――『詩経』大雅・烝民
②原文:申伯之德 柔惠且直
 訓読:申伯の徳は 柔恵にして且つ直なり
 翻訳:申伯の徳行は 穏やかな上にもまっすぐだ――『詩経』大雅・崧高

①は物理的にやわらかい意味、②は精神的にやわらかい(穏やか)の意味で使われている。これを古典漢語ではniog(呉音でニウ、漢音でジウ)という。これを代替する視覚記号として柔が考案された。
古人は「柔は弱なり」「柔は濡なり」と語源を説いている。これだけではなく、丑・肉・農・擾などとも同源であり、こらの語には「やわらかい」というコアイメージがある。
柔は「矛(イメージ記号)+木 (限定符号)」と解析する。矛は武器のほこである。ただし実体に重点があるのではなく機能に重点が置かれる。矛は「無理に突き進む」というイメージがあり、これは「無理に力を出す」というイメージにもなる。これは敄(務)に現れる。このイメージを利用して、柔は力を加えて無理に曲げたりまっすぐにしたりできる木を暗示させる。コリヤナギのような柔軟性のある木が念頭にあって造形された。『説文解字』に「柔は木の曲直なり」とある。ただしこの図形的意匠は木の名を指示するのではなく、上記の①の「柔軟性があって物理的にやわらかい」を意味するniogを表記するのである。ここから②の精神・心理的な意味にも転義する。