「重」

白川静『常用字解』
「会意。東と土とを組み合わせた形。東は上下を括った橐(ふくろ)のもとの字である。橐の下に錘おもりのように土を加えた形が重で、“おもい” の意味となる」

[考察]
形声の説明原理がなくすべて会意的に説くのが白川漢字学説の特徴である。会意とはAの意味とBの意味を足し合わせた「A+B」をCの意味とする方法である。東(ふくろ)+土(おもりのような土)→おもいという意味を導く。
白川は重の字形の分析を誤っている。重の上部の「丿」を見落としている。重は「人+東+土」の三つがドッキングした形である。
東と重は明らかに音のつながりがある。だから形声文字である。形声の説明原理は言葉の深層構造に掘り下げ、コアイメージを捉えて、語源的に意味を説明する方法である。重は「おもい」と「かさなる」の意味があるが、二つは何の関係があるのか。コアイメージを捉えて初めて合理的に説明できる。白川漢字学説にはコアイメージの概念がないから、「かさなる」の意味を説明できない。
意味は字形から出るのではなく、言葉の使われる文脈にある。まず文脈から意味を確かめることが必要である。重は次の文脈で使われている。
①原文:任重而道遠。
 訓読:任重くして道遠し。
 翻訳:抱えた荷物[任務]は重いが、道のりはまだ遠い――『論語』泰伯
②原文:盧重環
 訓読:盧は環を重ぬ
 翻訳:猟犬は首輪を二つ重ねている――『詩経』斉風・盧令

①は目方がおもい意味、②はかさなる・かさねるの意味で使われている。古典漢語ではこれをともにdiung(呉音でヂユウ、漢音でチョウ)という。これを代替する視覚記号として重が考案された。
重は「東(音・イメージ記号)+人+土(二つ併せてイメージ補助記号)」と解析する。人を限定符号と見てもよい。東は心棒を通した土囊の形である。しかし実体に重点があるのではなく形態や機能に重点がある。東は「突き通す」というイメージを表す記号である(「東」で詳述)。これは「上から下に↓の形に突く」というイメージに展開する。東は人が足で地面をトントンと突く情景を設定した図形である。上から下に↓の形に力が加わるから、この意匠によって「重力が加わって重い」というイメージを暗示させることができる。これが①の意味である。
重は「突き通す」「上から下に突く」がコアイメージである。重力や圧力が上から下に↓の形に加わるという事態の↓の部分に注目すると、線条的に下に加わっていく。線条は見方を変えれば┇の形の連鎖でもある。|(線条の形)と┇(点々とした形)は可逆的な(相互転化可能な)イメージである(808「修」を見よ)。┇(点々)の形は上から下に次々に重なってくる形でもある。だから「上から下に↓の形に突く」のイメージは「点々と(次々に、層をなして)かさなる」というイメージに展開する。これが②の意味である。以上のように「おもい」から「かさなる」へと転義するするのである。