「縦」
正字(旧字体)は「縱」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は從。從は左向きの人が前後に並ぶ形で、前の人に従うの意味となる。それは直線的な関係であり、織物の糸でいえば縦糸にあたる。それで縦は“たて” の状態のものをいい、横と合わせて、たてよこを縦横という」

[考察]
白川漢字学説は字形から意味を引き出すので、縦糸から「たて」の意味が出たように取れる。 意味は「言葉の意味」であるから、言葉の使われる文脈から、意味は出る。縦の用例を見てみよう。
①原文:抑縱送忌
 訓読:抑(そ)れ縦送ショウソウするよ
 翻訳:ほら[獲物に]矢を放つよ――『詩経』鄭風・大叔于田
②原文:無縱詭隨 以謹惛怓
 訓読:詭随を縦(ほしいまま)にする無く 以て惛怓コンドウを謹ましめよ
 翻訳:嘘つき追従をほっとかず ならず者を引き締めなさい――『詩経』大雅・民労
③原文:不別橫之與縱
 訓読:横と縦とを別たず
 翻訳:横と縦を区別できない――東方朔・七諫

①は矢を放つ意味、②は気ままに振る舞う(ほしいまま)の意味、③はたての意味である。これを古典漢語ではtsiung(呉音でシュ、漢音でショウ)という。これを代替する視覚記号として縱が考案された。
①②③は何の関係もないように見えるが、コアイメージが三つを結びつける鍵である。縱は從のコアイメージを受け継いだ語である。
縱は「從(音・イメージ記号)+糸(限定符号)」と解析する。從はA→Bの形に従うことから、「縦にまっすぐ延びる」というイメージがある(825「従」を見よ)。これは「空間的に間延びしてゆとりができる(緩くなる)」というイメージに展開する。縱は何かを縛った糸や紐を緩める情景を設定した図形である。これは図形的意匠であって意味ではない。この意匠によって「緊張した状態を緩くする」というイメージを表すことができる。このコアイメージが具体的文脈では弓を張った状態を一気に緩めて矢を放つ意味(これが上の①)、また、捕えていたものを解放する(ゆるす)の意味、また縛られずに気ままに振る舞う意味(これが上の②)が実現される。またA→Bの形は「たてに列をなす」というイメージでもあり、「たて」の意味が生まれる。従に「たて」の意味があるが、後に縱も「たて」の意味に転じた。縦の「たて」の意味は漢代以後に生じた。