「出」

白川静『常用字解』
「象形。足をふみ出すとき、かかとのあとが強く残る形。止(趾あしあとの形)の後ろに趾を曲線でかいて、強くふみ出したことを示す。それで“出発する、でる、ゆく”の意味となる」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。かかとの跡が残った字形から「でる」の意味になったという。字形の解剖に問題がある。止の後ろに趾を曲線(凵の形)で書いたというのであれば、出は止と凵の組み合わせのはず(象形ではなく会意)。止を地面に印した足跡の形と見るのは疑問。また凵を曲線で描いた足跡の形とするのも疑問。また足を踏み出す際にかかとの跡が地面に残るだろうか。足裏の前の部分が強く残るのでは?
考えるといろいろな疑問が浮かぶ。
そもそも字形から意味を読むこと自体が問題である。ここには言葉という視点がない。意味とは「言葉の意味」であって字形にあるのではない。言葉の使われる文脈にある。
出は古典に次の用例がある。
①原文:出自北門 憂心殷殷
 訓読:北門自(よ)り出づ 憂心殷殷たり
 翻訳:北の門から出ていった 悲しみいっぱい胸にして――『詩経』邶風・北門
②原文:我出我車 于彼牧矣
 訓読:我我が車を出だす 彼の牧に于(お)いてす
 翻訳:私は車を出した あの郊外の地へ――『詩経』小雅・出車

①は中から外へ出る意味、②は出す意味である。古典漢語で①をt'iuәt(呉音でスチ、漢音でシュツ)、②をt'iuәd(呉音・漢音でスイ)という。これを代替する視覚記号として出が考案された。
t'iuәtという語は突・凸・徹などと同源である。これらは一(一線)を基準として上方へ↑の形に突き出るというイメージである。視点を変えれば、下方に↓の形に突き出るでも構わない。このようなコアイメージを捉えることによって、拙や屈が説明できる。白川説は言葉という視点がなく、コアイメージの概念もないから、拙・屈などを出から説明できない。
出は「止+凵」に分析できる。止は足(foot)を描いた形である(681「止」を見よ)。足跡ではない。凵はへこみ・くぼみを示す象徴的符号。したがって出は足がくぼみから外へ出ていく情景を設定した図形である。この図形的意匠によって①の意味をもつt'iuәtを表記する。これは自動詞だが、他動詞では音を少し変えてt'iuәdと読む。