「述」

白川静『常用字解』
「会意。辵(辶)には道路を行くの意味がある。朮じゅつは呪霊を持つ獣の形。道路において、この獣を用いて軍の進退などを占って決めることを述という。それでその占いによる決定に“したがう”の意味となる」

[考察]
朮はジュツの音だから形声のはず。白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説く特徴がある。辵(道路を行く)+朮(呪霊を持つ獣)→呪霊を持つ獣を用いて軍の進退などを占って決めるという意味を導く。
呪霊を持つ獣とはどういうものか。朮は獣の形には見えない。『説文解字』では朮は秫の異体字としており、朮はモチアワという植物とするのが通説。
述に軍の進退などの占いによる決定に従うという意味があるだろうか。そんな意味はあり得ない。図形的解釈と意味が混同されている。述は古典で次の用例がある。
①原文:報我不述
 訓読:我に報ゆること述(したが)はず
 翻訳:私に愛をくださることは今まで通りにしてくれぬ――『詩経』邶風・日月
②原文:述而不作。
 訓読:述べて作らず。
 翻訳:[古典に]そのまま従って述べるだけで、新たに作り出すことはしない――『論語』述而

①は従来のやり方に従う意味、②は話の筋道に従って言い表す(のべる)の意味で使われている。これを古典漢語でdiuәt(呉音でズチ・ジュツ、漢音でシュツ)という。これを代替する視覚記号として述が考案された。
古人は「述は循(したがう)なり」と語源を説く。また朱駿声は「故道(古い道)に由るを述と為す。故に凡そ其の旧に循ひて之を申明するも亦述と曰ふ」(『説文通訓定声』)と述べている。これは語源と転義を明解に説明している。述は循だけでなく、順・巡・馴・率・帥などとも同源で、「ルートに従う」というコアイメージをもつ。「したがう」から「のべる」への転義はコアイメージを捉えることによって明らかになる。
述は「朮ジュツ(音・イメージ記号)+辵(限定符号)」と解析する。朮は秫(モチアワ)を描いた図形。ただし実体に重点があるのではなく形態や機能に重点がある。モチアワは粘性のあるアワである。ねばねばした(粘着した)状態から「くっつく」「くっついて離れない」というイメージが生まれる。辵は歩行・進行と関係があることを示す限定符号。限定符号は図形的意匠を作るための場面設定の働きもある。したがって述は本来のコースから離れない(外れない)で行く情景を設定した図形である。この図形的意匠によって、本来の(決まった)ルートややり方に従う意味をもつdiuәtを表記する。