「序」

白川静『常用字解』
「形声。音符は予。序は堂の前の東西に廂ひさしのある垣の部分で、廊下のような横長の建造物。予は織機に張った縦糸を通して布を織る用具の杼の形。順序を追って杼を通すことから、“順序、ついで” の意味となる」

[考察]
「廊下のような横長の建造物」の意味と、「順序、ついで」の意味の関係が不明。前者の意味は予から説明できていない。中途半端な字源説である。
白川漢字学説は言葉という視点がなく、言葉の深層構造を探ること、つまり語源の探求をしない。だからコアイメージという概念ももたない。言葉の意味の展開を合理的に説明する鍵はコアイメージにある。コアイメージを捉えることで「横長の建造物」と「順序」の関係を説明できる。
まず古典における序の用例を見てみよう。
①原文:西序東嚮。
 訓読:西序は東嚮す。
 翻訳:西の脇屋は東向きである――『書経』顧命
②原文:舍矢既均 序賓以賢 
 訓読:矢を舎(はな)ち既に均(ひと)し 賓を序するに賢を以てす
 翻訳:矢を放ってぐるりと一巡 客の席順は腕前で決める――『詩経』大雅・行葦

①は正堂(母屋)から東西に延び出た建物(脇屋)の意味、②は順々にきちんと並ぶ(基準に従って順位をつける)の意味で使われている。これを古典漢語ではd(z)iag(呉音でジョ、漢音でショ)という。これを代替する視覚記号として序が考案された。
序は「予(音・イメージ記号)+广(限定符号)」と解析する。予は機織りで横糸を通す舟型の道具(杼)を描いた図形。しかし実体に重点があるのではなく機能に重点がある。杼は縦糸の間を行ったり来たりして横糸を引き出す働きがある。だから「横に延びる」というイメージを表す記号になりうる(「予」で詳述)。図示すると←|の形や|→の形である。これは←|→の形にもなる。また|→の形を連鎖させると|→|→|→の形になる。後者は▯・▯・▯の形に順々に並ぶというイメージにもなる。广は建物に関係があることを示す限定符号。したがって序は主たる棟から←|→の形に横に(東西に)延びた張り出しの建物を暗示させる。この図形的意匠によって上の①の意味をもつd(z)iagを表記する。
「横に延びる」というコアイメージは「▯・▯・▯の形に順々に並ぶ」というイメージにも展開する。かくて②の意味が実現される。基準に従った並び方の意味はその転義である。序列・順序の序はこれである。