「召」

白川静『常用字解』
「会意。人と口とを組み合わせた形。人は上から降下する人の形。口はᆸで、祝詞を入れる器の形。祝詞の器を供えて祈り、それに応えて人が降下する形が召で、この場合の人は神霊の意味であり、神霊を呼び寄せる、まねくの意味となる」

[考察]
刀は「かたな」ではなく、人が降下する形で、この人は神霊のことだという。すでに奇妙な字解だが、口が祝詞を入れる器だというのも理解を超える。祝詞は口で唱える言葉(聴覚言語)であって、これを器に入れるとはどういうことか。口で祝詞を唱えて祈るなら、わざわざ器に入れる必要があるだろうか。理解し難い。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法であるが、字形の解釈と意味を混同している。召に「神霊を呼び寄せる」という意味があるだろうか。意味とは「言葉の意味」であって字形から出るものではない。言葉の使われる文脈から判断し理解するものである。召は古典に次の用例がある。
 原文:自公召之
 訓読:公自(よ)り之を召す
 翻訳:朝廷から呼び出される――『詩経』斉風・東方未明
召は呼び寄せる意味で使われている。神霊とは何の関係もない。これを古典漢語ではtiɔg(呉音・漢音でセウ)という。これを代替する視覚記号として召が考案された。
召は「刀(音・イメージ記号)+口(限定符号)」と解析する。刀は実体に重点があるのではなく形態に重点がある。刀はみねが⁀の形に、あるいは刃が‿の形に曲がった武器である。刀は「⁀の形や‿の形に曲がる」というイメージを示す記号になる(「刀」で詳述)。一(直線)が⁀の形に曲がると空間的に縮まる(狭くなる)。だから「⁀の形に曲がる」というイメージは「(近くまで)引き寄せる」というイメージにも転化する。口は言葉をしゃべること、言語行為に関わる限定符号である。召は手首を⁀の形に曲げておいでおいでという言葉をかけつつ、A点にあるものをB点に近づけさせる(引き寄せる)状況を暗示させる図形である。この図形的意匠によって上記の意味をもつtiɔgを表記する。