「尚」

白川静『常用字解』
「会意。向と八とを組み合わせた形。向は窓明かりがさしこむ窓のところにᄇ(祝詞を入れる器の形)を供えて神を祀ることをいう。するとそこに神の気配がかすかに現れることを尚という。八は神の気配が現れ、ただようことを示す。神に祈り願って、神の気配が現れ、神が憑りついた状態を惝怳という。惝怳の状態から、“たっとぶ、たかい” の意味となる」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。「窓明かりがさしこむ窓」+ᄇ(祝詞を入れる器)→向(窓のところに器を供えて祀る) 向+八(神の気配が現れてただよう)→尚(神の気配がかすかに現れる) 惝怳(神が憑りついた状態)→たっとぶ・高いという意味を導く。
疑問点①窓明かりがさしこむ窓とは何か。なぜその窓のところで神を祀るのか。②祝詞は口で唱える言葉(聴覚言語)なのになぜ器に入れるのか。帛などに文字化して器に入れるのか。③神の気配が現れるとはどういうことか。霊能者が感じるのか。④八が神の気配が現れてただようことを示すというが、ただようとはどういう状況か。霊能者に見えるのか。⑤尚は「神の気配が現れる」ことなら、主語は神であろう。だが「神に祈り願って、神が憑りついた状態」の主語は祈る人であろう。なぜ尚の解釈で主語が入れ代わるのか。⑥惝怳(神が憑りつく状態)から「たっとぶ」の意味が出るだろうか。
さまざまな疑問が浮かぶ。字形から意味を読もうとすると恣意的な解釈に陥りがちである。ここでは言葉という視点がすっぽり抜け落ちている。意味とは「言葉の意味」であって、字形から出るものではなく、言葉の使われる文脈から出るものである。尚は古典で次のような用例がある。
①原文:師何以尚之
 訓読:師何を以て之を尚(あ)ぐるや
 翻訳:大衆はなぜ彼を取り上げて用いたのか――『楚辞』天問
②原文:曰、何謂尚志、曰、仁義而已矣。
 訓読:曰く、何をか志を尚(たか)くすと謂ふ。曰く、仁義のみ。
 翻訳:問―志望を高く持つとはどういうことか。答―仁義のことだけだ――『孟子』尽心上
③原文:君子尚勇乎。
 訓読:君子は勇を尚(たつと)ぶか。
 翻訳:君子は勇気を尊重するでしょうか――『論語』陽貨

①は高く持ち上げる(取り上げる)の意味、②は高くする、高いの意味、③は高く持ち上げて尊ぶ(重んじる)の意味で使われている。これを古典漢語ではdhiang(呉音でジヤウ、漢音でシヤウ)という。これを代替する視覚記号として尚が考案された。
古人は「尚は上なり」と語源を説いている。上のほかに昜のグループ(揚・陽・場など)とも同源で、「上に高く上がる」というコアイメージがある。これが①の意味を実現を実現させる。
次に字源を見てみよう。「向+八」に分析する。向は窓を描いた図形である(534「向」を見よ)。窓の機能に重点が置かれる。古代では空気という概念はないが、ガス状の物質を意味する気という概念はあった。宇宙には気が満ちていて、人体や環境(住まいなど)にも見えない気が出入りするという考えがあった。だから建物の窓の機能が明かりを採ること以外に、気を出入りさせることであったとしても不思議ではない。八は左右に分かれることを示す記号である。尚は室内の空気が抜けて空中に分散する状況を想定した図形である。この図形的意匠によって「上に高く上がる」というイメージを暗示させることができる。また、分散の姿に視点を置けば、「平らに広がる」というイメージも表せる。尚のグループのうち尚・常・堂は「高く上がる」のコアイメージ、掌・賞・嘗・當(当)・黨(党)は「平らに広がる」のコアイメージをもつ。