「将」
正字(旧字体)は「將」である。

白川静『常用字解』
「会意。爿しょうと肉と寸とを組み合わせた形。爿は脚のついた几(机)の形。その上に肉を手(寸)で供え、神に奨める形が將である。軍の出征にあたって、肉を供えて戦勝祈願の祭りをし、その供えた祭肉を携えて出征した。将とはその肉を供えて祭りをし、祭肉を携えて軍をひきいる人、将軍をいう」

[考察]
爿と將は音のつながりがあるから形声のはず。白川漢字学説には形声の説明原理がなくすべて会意的に説き、字形から意味を導くのが特徴である。「爿(机)+肉+寸(手)」という僅かな情報から多量の情報を読み取り、「その(軍の出征に当たって戦勝祈願の祭りをする)肉を供えて祭りをし、祭肉を携えて軍をひきいる人」という意味を導く。
確かな証拠のない祭儀の習俗から將の意味を引き出している。果たしてこんな意味が將にあるのか。意味とは「言葉の意味」であって、字形から来るものではなく、言葉の使われる文脈から来るものである。將の用例を見てみよう。
①原文:何人不將 經營四方
 訓読:何の人か将ゐざる 四方を経営す
 翻訳:率いられて行かぬ人はいない 四方の国を平らげに――『詩経』小雅・何草不黄
②原文:夫將者國之輔也。
 訓読:夫れ将なる者は国の輔なり。
 翻訳:将軍という者は国家の輔[車を補強する添え木]のようなものだ――『孫子』謀攻

①は先頭に立って率いる意味、②は軍を率いる人の意味で使われている。これを古典漢語ではtsiang(呉音でサウ、漢音でシヤウ)という。これを代替する視覚記号として將が考案された。
將は「爿ショウ(音・イメージ記号)+肉(イメージ補助記号)+寸(限定符号)」と解析する。爿は「細長い」というイメーがある(「壮」で詳述。また877「床」を見よ)。このイメージは「↑の形に細長く(線条的に)伸びる」というイメージに展開する。さらに「一筋に連なるように引っ張る」というイメージにも展開する。肉は身体・肉体。寸は手と関係があることを示す限定符号である。したがって將は細長い手の指を暗示させる。五指の中でいちばん長い指は中指だが、中指の意味を表すのではなく、その形態のイメージを比喩に用いる。中指は他の指よりも長く、先頭にある姿を呈する。先頭に立って他のものを引っ張ることを將の図形的意匠によって暗示させるのである。