「商」

白川静『常用字解』
「会意。辛と㓁と口とを組み合わせた形。辛は把手のついた大きな針の形で、罪人に刑罰として入れ墨するときに使う針。㓁は辛を樹てる台座の形。口はᄇで、祝詞を入れる器の形。辛はその刑罰権を示すための象徴的な大きな針で、これを台座に樹て、祝詞の器を前に置いて祈ることを示し、神意を問うの意味となり、神に“はかる”というのがもとの意味である」

[考察]
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法である。辛(入れ墨用の針)+㓁(台座)+ᄇ(祝詞を入れる器)→針を台座に樹て、祝詞の器を前に置いて祈ること→神意を問い図るという意味を導く。
いろいろ疑問がある。刑罰権の象徴が入れ墨用の針とはどういうことか。斧や鉞 なら分からないでもないが。針を立てた台座の前に祝詞の器を置いて祈るとはどういうことか。だいたい祝詞は口で唱える言葉(聴覚言語)である。これを器に入れるとは考えにくい。祈る行為をするなら器に入れる必要はあるまい。また商に「神意を問う」とか「神にはかる」という意味があるだろうか。そんな意味はない。
古典における商の用例を見てみよう。
①原文:我商賚汝。
 訓読:我商(はか)りて汝に賚(たま)はん。
 翻訳:私はあなたに功績があるかどうかを図って、あなたに贈り物をしよう――『書経』費誓
②原文:處商必就市井。
 菌毒:商に処れば必ず市井に就く。
 翻訳:[士は]商売に身を置くと、必ず市場に寄り集まってくる――『管子』小問

①は何かをしようと図る意味、②は物の流通を行う(あきなう)の意味で使われている。これを古典漢語ではthiang(呉音・漢音でシヤウ)という。これを代替する視覚記号が商である。
商の字源は諸説紛々であるが、字体の交替に注意すべきである。甲骨文字では「辛+冏」を合わせた形で、高台になった地形を表し、殷の自称(種族の名前)とされた。周代(古典時代)では「章ショウの略体(音・イメージ記号)+冏(イメージ補助記号)」の字体に変わった。章は「明るい・明らか」「はっきり目立つ」というイメージを示す記号である(898「章」を見よ)。冏は裔(すえ)にも含まれており、尻や末端(すえ、隅、底)というイメージを示す符号である。かくて商ははっきりしない物事をすみずみまで明らかにする状況を設定した図形。この図形的意匠によって、はっきりしない物事をはっきりさせようと図る意味をもつthiangを表記する。
古人は「商は章なり」と語源を説いている。『説文解字』では「外より内を知るなり」とあり、段玉裁は「外より内を知り、了了として章著するを商と曰ふ」(外部から内部を知り、明らかに現れることが商である)と解説している(『説文解字注』)。上で述べた通り「(はっきりしないものを)はっきりと明らかにする」というのが商のコアイメージと言ってよい。このコアイメージが具体的文脈で実現されたのが「図る」の意味である。「あきない」の意味はこれからの転義である。
『白虎通義』(漢代の文献)に「商(あきない)の言為(た)るは商(はかる)なり。其の遠近を商り、其の有無を商り、四方の物を通ず。故にこれを商と謂ふなり」とある。「有無相通ず」というように物の流通を図る行為が商だというのである。定位置に店を構えて物を売るのではなく、物を遠い所、無い所へ運んで取り引きをすること、つまり行商を商というのである。