「勝」

白川静『常用字解』
「形声。音符は朕よう。朕は盤(舟)の中に物を入れ、両手で捧げて人に賸おくることを示す。力は耒すきの形。耒に盤中の物を添えて豊作を祈り、よい結果を得ることを勝という。それで“まさる、かつ、すぐれる” の意味となる」

[考察] 
形声の説明原理がなくすべて会意的に説くのが白川漢字学説の特徴である。朕(盤に物を入れて人におくる)+耒(すき)→耒に盤中の物を添えて豊作を祈り、よい結果を得るという意味を導く。
字形から見ると、耒に盤中の物を添えることは分からないでもないが、なぜ「豊作を祈る」の意味が出るのか、なぜ「よい結果を得る」の意味が出るのかが分からない。また「よい結果を得る」ことから、なぜ「まさる、かつ」の意味になるのかも分からない。
字形から意味を引き出すのは無理である。むしろ誤った方法である。意味とは「言葉の意味」であって、字形に属する概念ではなく言葉に内在する概念である。意味は言葉が使われる文脈から知ることができる。勝は次のような文脈で使われている。
①原文:武王靡不勝
 訓読:武王勝たざるは靡(な)し
 訓読:武王は勝たない戦はなかった――『詩経』商頌・玄鳥
②原文:質勝文則野。
 訓読:質、文に勝れば則ち野なり。 
 翻訳:質素は装飾を超えると粗野になる――『論語』雍也

①は打ち負かす(かつ)の意味、②は程度や力量が他より上に出る(まさる、すぐれる)の意味で使われている。これを古典漢語でthiәng(呉音・漢音でショウ)という。これを代替する視覚記号として勝が考案された。
古人は「勝は称なり」と語源を説いている。称は「上に上がる」というコアイメージがある。相手をしのいで上に出ることが勝利の勝である。
勝は「朕チン(音・イメージ記号)+力(限定符号)」と解析する。朕は「舟+关」に分析できるが、关は笑・咲の原字である关とは別で、送に含まれる关と同じ。この关は「午(杵の形)+廾(両手)」を合わせて、杵を持ち上げる情景を設定した図形(「送」で詳述)。これによって「持ち上げる」というイメージを示す記号になる。朕は水が舟を持ち上げる(浮力で舟が上に上がる)情景を設定した図形である(「朕」で詳述)。朕は「上に上がる」というイメージがある。したがって勝は力で相手をしのいで上に出る状況を暗示を暗示させる。この図形的意匠によって上の①の意味をもつthiәngを表記する。
意味はコアイメージによって展開する。「上に上がる」というコアイメージから、程度などが一定のレベルの上に出ること、上の②の意味に展開する。