「城」

白川静『常用字解』
「形声。音符は成。もとの字は[𠅷+成]に作り、𠅷は城郭の平面形で、その南北の部分に望楼のある形。成は戈に飾りをつけてお祓いをするの意味であるから、城は祓い清められた城壁、城壁の内の“しろ” をいう」


[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説く特徴がある。𠅷(城郭)+成(戈に飾りをつけてお祓いをする)→祓い清められた城壁という意味を導く。
「祓い清められた城壁」とは何のことか。これがなぜ「城壁の内のしろ」という意味になるのか。意味展開に必然性がない。
形声の説明原理とは言葉の深層構造に掘り下げ、コアイメージを捉え、語源的に意味を説明する方法である。白川漢字学説は言葉という視点が欠けているから、コアイメージという概念をもたない。だから形声ではなく会意で説くしかない。会意とはAの意味とBの意味を足し合わせた「A+B」をCの意味とする方法で、字形の表面的な解釈を意味とする。図形的解釈と意味の混同が白川漢字学説の全般的な特徴である。
意味は字形ではなく言葉の使い方である。具体的な文脈に現れるのが意味である。城は次のような文脈で使われている。
①原文:糾糾武夫 公侯干城
 訓読:糾糾たる武夫は 公侯の干城
 翻訳:勇ましいもののふは 殿様のたてと城――『詩経』周南・兎罝

②原文:天子命我 城彼朔方
 訓読:天子我に命じて 彼の朔方に城(きづ)かしむ
 翻訳:天子は我々に命令し 北方で城を築かせた――『詩経』小雅・出車

①は壁で囲った所、城壁、都市の意味、②は城壁や都市を築く意味で使われている。これを古典漢語ではdhieng(呉音でジヤウ、漢音でセイ)という。これを代替する視覚記号として城が考案された。
城は「成(音・イメージ記号)+土(限定符号)」と解析する。成は「丁+戊」に分析できる。丁テイは釘の形であるが、実体に重点があるのではなく形態や機能に重点がある。釘は形態的には⏉の形であり、機能的には⏉の形や⏊の形(直角)に打ちつける。だから丁は「⏉の形や⏊の形に打ちたたく」というイメージを表す記号となる。戊は武器の一種であるが、道具や工具と見なしてよい。したがって成は「丁(音・イメージ記号)+戊(イメージ補助記号、または限定符号)」を合わせて、道具でトントンと打ちたたく情景を設定した図形。この図形的意匠によって、「仕上げてまとめる」というイメージを表すことができる。かくて城は土をトントンと突き固めて壁を仕上げる情景を設定した図形である。この図形的意匠によって、上の①②の意味をもつdhiengを表記する。
城は城壁で囲まれた所で、この中に人々が住む。古人は「城は盛(もる、中に入れる)なり」と語源を説いている。城は町であり都市である。しかし日本人は日本の建築物である「しろ」に城を当てた。