「審」

白川静『常用字解』
「会意。もとの字は宷に作り、宀と釆とを組み合わせた形。宀は祖先を祭る廟の屋根の形で、廟。釆は獣の爪の形で、掌の形を加えると番となる。審は廟に供える獣の形で、廟に供える犠牲は完全なものでなければならないから、犠牲の掌に傷などがないか綿密に検査することを審という」

[考察]
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法である。宀(廟)+釆または番(獣の掌)→犠牲の掌に傷などがないか綿密に検査するという意味を導く。
廟と獣の掌から「綿密に検査する」という意味が出るだろうか。そもそも獣の掌とは足裏のことであろう。なぜ獣の全形ではなく足裏を廟に供えるのか。「廟に供える犠牲は完全なものでなければならない」というが、足裏こそ不完全なものであろう。こんなものを犠牲として供えるとは考えにくい。
字形から意味を読み取ろうとすると、恣意的な解釈に陥ることが多い。字形から意味を引き出す方法自体に問題がある。意味とは「言葉の意味」であって字形から出るものではない。言葉が使われる文脈から出るものである。審は古典に次のような用例がある。
 原文:乃審厥象、俾以形旁求于天下。
 訓読:乃ち厥(そ)の象を審(つまび)らかにし、形を以て天下に旁求せ俾(し)む。
 翻訳:彼の肖像を詳しく調べてはっきりさせ、似顔絵でもって世界中に広く捜索めさせた――『書経』説命
審は細かく調べてはっきりさせる(詳しく知る)の意味で使われている。これを古典漢語ではthiәm(呉音・漢音でシム)という。これを代替する視覚記号として審が考案された。
『説文解字』に「宷(=審)は悉なり」とある。悉は細かいすみずみまで知り尽くすという意味。審と悉は音が似ており、図形も共通の釆を含む。
審は「番(イメージ記号)+宀(限定符号)」と解析する。釆は握り拳を開いて種を播く様子を表した図形(97「奥」、213「巻」を見よ)。番は田んぼに種を播く情景を設定した図形である(「番」で詳述する)。種を播く行為から「分散させる」「細かく分かれる」というイメージを捉えることができる。宀は建物や家に関わる限定符号であるが、覆いや覆われたものに関わる場面を設定する限定符号として使われている。したがって審は覆われて隠れていたものをはっきりさせようと、細かく分けて調べる情景を設定した図形。この図形的意匠によって、細かいところまで調べて見極めることを暗示させた。