「刃」

白川静『常用字解』
「象形。刀の刃の部分に光があることを示す形。“は、はもの、やいば” をいう」

[考察]
刀の刃の部分に光があるという解釈が奇妙である。これだと刃の光や刀身が光るといった意味になりそうなもの。意味は字形から出るものではなく、言葉が使われる文脈から出るものである。刃は次の用例がある。
 原文:其於遊刃、必有餘地。
 訓読:其の刃を遊ばすに於けるや、必ず余地有り。
 翻訳:刃先をあちこちに進める際に必ずゆとりがある――『荘子』養生主
刃は刀のやいばの意味である。これを古典漢語でnienという。これを代替する視覚記号として刃が考案された。
やいばは鉄を柔らかくして鍛えたものである。こちこちに堅いなら折れやすいが、柔らかいものを堅くしたので折れにくい。だからnienという言葉には「粘り強い」というコアイメージがある。強靭の靭にこのイメージがよく生きている。
刃という図形は刀の一部に「丶」の符号をつけたものである。この図形的意匠によって「やいば」を暗示させ、その意味をもつnienを表記する。