「水」

白川静『常用字解』
「象形。流れている水の形。まん中に大きな流れがあり、左右に小さな流れがある形である。大きな流れが三すじになって流れている形は川であるから、水は小さな水の流れをあらわす」

[考察]
川が大きな流れ、水が小さな流れなら、水は小川の意味になってしまう。水は「流れている水の形」で十分であろう。川と対比させるのは変である。それよりもなぜ「かわ」をセンといい、「みず」をスイというのかが重要である。字源の前に語源を考えるべきである。
まず古典における水の用例を見てみよう。
①原文:河水洋洋 北流活活
 訓読:河水洋洋たり 北に流れて活活たり
 翻訳:黄河の水は満々と 北に流れて滔々と――『詩経』衛風・碩人
②原文:所謂伊人 在水一方
 訓読:所謂(いはゆる)伊(か)の人は 水の一方に在り
 翻訳:私のいとしいその人は 川の向こう岸にいる――『詩経』秦風・蒹葭

①はみずの意味、②は川の意味である。これを古典漢語ではthiuәr(呉音・漢音でスイ)という。これを代替する視覚記号として水が考案された。
水の語源について古人は「水は準(平ら)なり」と捉えている。しかし別の見方もある。藤堂明保はthiuәrという語は追・遂・循・順・術などと同源で、「ルートに従う」という基本義があるとしている(『漢字語源辞典』)。水面は平らであるが、水は低い所に流れる性質があるから、「ルートに従う」というイメージは理屈に合う。thiuәrが「みず」だけではなく「かわ」の意味にもなるのもこのコアイメージがあるからである。
水という図形は水が筋をなして流れる情景を写している。