「垂」

白川静『常用字解』
「会意。𠂹と土とを組み合わせた形。𠂹は草木の花や葉が垂れ下がる形。下に土を加えるのは、垂れて土に達することを示すのであろう。“たれる、たれさがる” の意味となる」


[考察]
ほぼ妥当な解字であるが、字形から意味が出るわけではない。意味から字形がどのように造形(構成)されているかを考えるのが本筋である。垂は古典に次の用例がある。
①原文:容兮遂兮 垂帶悸兮
 訓読:容たり遂スイたり 垂帯悸キたり
 翻訳:[少年は]おっどりどっしり構えてみても 帯が震えてさまにはならぬ――『詩経』衛風・芄蘭
②原文:四垂無事。
 訓読:四垂事無し。
 翻訳:四方の辺境は何事もない――『漢書』韋玄成伝

①は垂れ下がる意味、②は中央から下っていく末端の土地(辺境)の意味で使われている。これを古典漢語ではdhiuar(呉音でズイ、漢音でスイ)という。これを代替する視覚記号として垂が考案された。
垂は睡・唾・錘(はかりのおもり)・棰(打ち下ろす鞭)などのグループを構成し、「上から下に(↓の形に)垂れ下がる」というイメージがある。また堕・妥・段・端・断などとも同源で、これらも「上から下に垂れ下がる」というイメージが共通である。一方、↓の形(垂直軸)から→の形(水平軸)に視点を変えると、中央から末端に下がっていくというイメージに転じ、辺境という意味が生まれる。これが上の②である。
垂は𠂹と土がドッキングして分析し難くなっているが、篆文に遡ると「𠂹(スイ)(音・イメージ記号)+土(限定符号)」と解析できる。𠂹は植物の枝葉が幹や茎の両側に垂れ下がっている姿を描いている図形。これで「上から下に垂れ下がる」というイメージを表すことができる。これに限定符号の土を添えた垂は中央から段々と垂れ下がっていく末端の土地を暗示させる。この意匠によって、上の①と②の意味をもつdhiuarを表記する。もともとAだけで①を表象できたが、垂の図形を作ることによって①と②を同時に表象したものである。