「是」

白川静『常用字解』
「象形。匙の形。日が匙のものをすくう部分で、その下は柄の部分。是が匙(さじ)のもとの字である。“ただしい、よい” の意味に用いるのは、その音を借りる仮借の用法である」

[考察]
是の字源については諸説紛々だが、匙の原字としたのは郭沫若(現代中国の歴史家、文字学者)が最初である。これが妥当と考えられる。ただし是は「さじ」の意味ではない。実体に重点があるのではなく形態に重点があるのである。白川は「ただしい」の意味の説明ができないので、仮借説に逃げた。実体よりも形態や機能に重点を置くという漢字の造形法が分からないと、仮借説を取らざるを得ない。
ではなぜ是は「ただしい」の意味なのか。正しいとは「まっすぐでゆがみやひずみがない」ということである。「まっすぐ」というイメージによって「ただしい」を表すのは正も同じである。是の用例を見てみよう。
①原文:偃之言是也。
 訓読:偃の言は是ゼなり。
 翻訳:偃[人名]の言葉は正しい――『論語』陽貨
②原文:富與貴是人之所欲也。
 訓読:富と貴とは是(こ)れ人の欲する所なり。
 翻訳:富と高位は人が欲しがるものである――『論語』里仁

①は正しいの意味、②は「AはBだ」と断定する用法である。これを古典漢語ではdhieg(呉音でゼ、漢音でシ)という。これを代替する視覚記号として是が考案された。
古人は「是は正なり」と語源を説いている。藤堂明保は是・正・適・支・挺などは「まっすぐ」という基本義をもつ単語家族としている(『漢字語源辞典』)。「まっすぐ」は「縦に(|の形に)まっすぐ」を思い浮かべるが、「横に(―の形に)まっすぐ」もありうる。「―の形にまっすぐ」は「まっすぐ伸びる」「平らに伸びる」というイメージにも展開する。これは空間的なイメージだが、心理的・精神的なイメージにも転用できる。「まっすぐでゆがみやひずみがない」というイメージから「よこしまがない」、つまり「正しい」という意味が生まれる。
次に字源を検討する。是は上記の通り匙の原字としてよい。細かく分析すると「日(スプーの頭)+一(柄)+止(足)」をドッキングした形である。頭が丸く、柄が長くまっすぐで、末端に足(掛ける所)のついたスプーンを示す図形である。上で述べたように、実体ではなく形態に重点が置かれる。柄の部分に焦点を合わせて、「まっすぐ」「まっすぐ伸びる」というイメージが取られるのである。この意匠によってdhiegという語のコアイメージを表している。かくて具体的文脈①の意味が実現される。
Aという物や事態とBという物や事態をストレートに結びつけ、「A是B」という文法が生まれた(上の②)。二つをまっすぐに(ストレートに)結ぶ語が是である。ストレートではなく婉曲に結ぶ場合は、「A如B=AはBの如し」(AはBのようである、似ている)という。