「制」

白川静『常用字解』
「会意。未と刀とを組み合わせた形。未は枝が茂っている木の形。その伸びている枝を刀(鋏)で切り、製ちそろえること、剪定することを制という。制は枝を“きる” ことによって木の形を整えることから、“さだめ、きまり”の意味となる。製と通じて“つくる”の意味に用いる」

[考察]
字形的 解釈をストレートに意味とするのが白川漢字学説の特徴である。未(枝が茂る)+刀→伸びている枝を鋏で剪定するという意味を導く。また、木の形を整える→さだめ・きまりという意味に展開させる。
意味は字形から出るという理論に基づいて、字形の解釈を意味とするが、制に「剪定する」という意味があるだろうか。意味とは「言葉の意味」であって、字形から出るものではない。言葉の使われる文脈から出るものである。制の用例を見てみる。
①原文:夫玉生於山、制則破焉。
 訓読:夫れ玉は山に生じ、制すれば則ち破る。
 翻訳:玉は山に産出し、断ち切ると壊れてしまう――『戦国策』斉策
②原文:制彼裳衣
 訓読:彼の裳衣を制 す
 翻訳:普段に着る衣装を作る――『詩経』豳風・東山
③原文:人主者以刑德制臣者也。
 訓読:人主なる者は刑徳を以て臣を制する者なり。
 翻訳:君主とは刑と徳でもって臣下を押さえる者である――『韓非子』二柄

①は二つに断ち切る意味、②は素材を断ち切って形を整え、デザインされたものを作る意味、③は押さえて止める(コントロールする)の意味で使われている。これを古典漢語ではtiad(呉音でセ、漢音でセイ)という。これを代替する視覚記号として制が考案された。
古人は「制は折なり」と語源を説いている。折は「途中で切り離す」というコアイメージがある。図示すると―|―の形である。これは「断ち切って余分なものを切り離す」というイメージである。―|の部分に焦点を置くと、→|の形、すなわち「途中で止める」「押さえて止める」というイメージにもなる。制はこの二つのイメージをもつ語である。
制は「未(イメージ記号)+刀(限定符号)」と解析する。未は木の上方に枝(こずえ)が伸び出た図形である。制は余分に伸びた木の枝を切る情景を設定した図形。しかし木を剪定するという意味を表すわけではない。「余分なものを切り離す」「断ち切る」ということを暗示させるのである。この意匠によって上の①の意味をもつtiadを表記した。
「断ち切って余分なものを切り離す」というコアイメージから、②の意味が生まれる(制作の制)。また、上記の通り「押さえて止める」というイメージにも展開し、③の意味が生まれる。制止・統制の制はこの意味である。また、勝手な振る舞いを押さえて止めるもの、つまり「おきて、決まり、定め」の意味を派生する。制度・体制の制はこの意味である。白川は木を整えることから「さだめ、きまり」の意味になったというが、コアイメージという概念を欠くので意味展開の説明に説得力がない。