「誓」

白川静『常用字解』
「形声。音符は折。折は草木を斤おので切断することをいうが、それが神に誓うときの所作であった。言は神への誓いの言葉である。誓は“神にちかう”の意味であったが、のちすべて“ちかう、ちかい”となる」

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くのが特徴である。折(草木を切断する、神に誓うときの所作)+言(神への誓いの言葉)→神に誓うという意味を導く。
草木を切断するという行為がなぜ神に誓う時の所作なのか、不可解である。また言に「神への誓いの言葉」という意味もないし、誓に「神に誓う」という意味もない。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法であるが、意味は「言葉の意味」であって字形から出るものではない。字形に意味があるとして、字形の解釈をもって意味とするのは誤りである。では意味はどこにあるのか。言葉が使われる文脈にある。誓は古典に次のような文脈で使われている。
 原文:誓之曰、不及黃泉、無相見。
 訓読:之に誓ひて曰く、黄泉に及ばざれば、相見ること無し。
 翻訳:彼女に誓ってこう言った、“あの世に行くまであなたに会うことはございません” ――『春秋左氏伝』隠公元年

誓ははっきりと約束する(ちかう)の意味である。これを古典漢語ではではdhiad(呉音でゼ、漢音でセイ)という。これを代替する視覚記号として誓が考案された。
誓は「折セツ(音・イメージ記号)+言(限定符号)」と解析する。折は草が途中で切れている状況を設定した図形である。「途中で二つに断ち切る」というイメージを表すことができる。図示すると―|―の形である。これは←|→の形にも転じる。「左右に二つに分ける」というイメージである。あいまいな状態はのっぺらぼうで切れ目がない状態であるが、これを二つに分けると、あいまいではなくはっきりした状態になる。だから誓は白黒(是非)にはっきり分けて、うそ・偽りがないことを告げる状況を暗示させる。この図形的意匠によって、真心を示してはっきりと約束することを意味するdhiadを表記した。