「設」

白川静『常用字解』
「会意。殳は羽旞(羽飾り)を持つ形であるから、言(神への誓いのことば)をその殳で清めるの意味となる。それで祭祀に際に、神の前に誓約するの意味となり、のちすべて神の前に陳設することをいう」

[考察]
「投」の項では殳を「槍に似た武器のほこ」「杖ぼこ」としており、不統一である。言(神への誓いのことば)を殳(羽飾り)で清めるとはどういうことか。この意味から「神の前に誓約する」という意味になるだろうか。さらにここから「神の前に陳設する」という意味が出るだろうか。すべて疑わしい。
字形から意味を引き出そうとすると恣意的な解釈に陥りやすい。意味は字形から出るものではなく、言葉の使われる文脈から出る。まず文脈を確かめるべきである。
①原文:鐘鼓既設 一朝饗之
 訓読:鐘鼓既に設く 一朝之に饗せん
 翻訳:鐘と太鼓は既に設けた しばしごちそう進ぜよう――『詩経』小雅・彤弓
②原文:設都于禹之績
 訓読:都を禹の績に設く
 翻訳:禹の造った大地に国都を建設する――『詩経』商頌・殷武

①はある目的のために物をしっかり据えて置く意味、②は組み立てて造る(新しくこしらえる)の意味で使われている。これを古典漢語ではthiat(呉音でセチ、漢音でセツ)という。これを代替する視覚記号として設が考案された。
古典の注釈では「設は置(立てて置く)なり」「設は立なり」と語義を解している。「しっかり立てて置く」がthiatという語のコアイメージである。
設は「殳(イメージ記号)+言(限定符号)」と解析する。殳は戦車の前に立てるほこの意味である。しかし実体に重点があるのではな形態や機能に重点がある。殳は「しっかり立てる」「立てて置く」というイメージを表すことができる。言は言葉に関わる限定符号。図形的意匠を作るために言語行為の場を設定する。したがって設は何かについて述べる前提として、言葉をしっかり組み立てる状況を暗示させる。これは図形的意匠であって意味ではない。この意匠によって、上の①の意味をもつthiatを表記するのである。