「摂」
正字(旧字体)は「攝」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は聶じょう。聶は説文に囁ささやくの意味とする。摂は小さなものをとり集める意味があり、衣の裾の乱れやすいところを引きあげてまとめて摂ることを“衣を摂る”という。“とる、たすける、すべる、やしなう”などの意味に用いる」

[考察]
「囁く」と「小さなものをとり集める」と「衣の裾が乱れやすいところを引き上げてまとめて摂る」という意味の間に何の関係があるのか分からない。
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くのが特徴であるが、聶からの説明ができているとは言えない。不十分な字源説である。
形声の説明原理とは言葉の深層構造に掘り下げ、コアイメージを捉え、語源的に意味を説明する方法である。もっとも意味は言葉の使われる文脈から知ることができる。攝は古典に次の用例がある。
①原文:朋友攸攝 攝以威儀
 訓読:朋友摂る攸(ところ) 摂るに威儀を以てす
 翻訳:朋友たちは取りそろえた 威儀を取りそろえて整えた――『詩経』大雅・既酔
②原文:善攝生者、陸行不遇兕虎。
 訓読:善く生を摂る者は、陸行して兕虎ジコに遇はず。
 翻訳:生命を上手に養う者は陸を旅して猛獣に出くわすことはない――『老子』第五十章
③原文:官事不攝。
 訓読 :官事は摂(か)ねず。
 翻訳:官の仕事は掛け持ちしない――『論語』八佾

①はいくつかのものを乱れないように寄せ合わせて持つ(兼ね合せて執る)の意味、②はまとめて取り込む意味、③はいくつかのものを兼ねる意味で使われている。これを古典漢語ではthiap(呉音・漢音でセフ)という。これを代替する視覚記号として攝が考案された。
攝は「聶ジョウ(音・イメージ記号)+手(限定符号)」と解析する。聶は耳を三つ合せた図形。この意匠によって「三つのものを寄せ合せる」「いくつかのものを重ね合せる」 というイメージを表す記号になりうる。攝はいくつかのものを重ね合せて持つ状況を暗示させる。この図形的意匠によって上の①の意味をもつthiapを表記する。
①の意味(包摂の摂)から、②の意味(摂取・摂食の摂)、また③の意味(兼摂の摂)へ展開する。摂政の摂は「兼ねた形で代わる」の意味である。