「舌」

白川静『常用字解』
「象形。口の中から出ている舌の形」

[考察]
舌を象形と見るのは安易である。舌の上部の千は干が変わったもの。干は先端が二股の棒の形である。白川は「甲骨文字の形はその先端が二つに分かれている形で、蛇の舌のように激しく動く舌であり、人の舌の形ではない」という。
干は棒状の武器(ほこ)の意味であるが、実体に重点があるのではなく、形態や機能に重点がある。干は棒のように伸びたものであり、突き進めたり引いたりする。これを比喩にして、「干(イメージ記号)+口(限定符号)」を合せて、口の中にあって棒のように出し入れするもの、すなわち「した」を暗示させる。