「宣」

白川静『常用字解』
「会意。宀は祖先の霊を祭る廟の屋根の形。亘せんは半円形のものをいうことが多く、そのような形の室を宣室という。宣はもと宣室という室の名である」

[考察]
宣と亘は音のつながりがあるから形声のはず。白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くのが特徴である。亘(半円形のもの)+宀(廟の屋根)→半円形の室(宣室)という意味を導く。
亘に半円形のものという意味があるだろうか。そんな意味はない(『漢語大字典』)。また宀を廟の屋根としながら、宣室に廟の意味素がない。宣室とは古代の宮殿の名という(『漢語大詞典』)。
古典における宣の用例を見てみる。
①原文:四國于蕃 四方于宣
 訓読:四国を于(ここ)に蕃(おほ)ひ 四方を于に宣(あまね)くす
 翻訳:四方の国をかばい守り 四方の国に恵みを行き渡らせる――『詩経』大雅・崧高
②原文:所以宣三王之德也。
 訓読:三王の徳を宣する所以なり。
 翻訳:これぞ三人の王の徳を広く告げ知らせるものだ――『国語』周語

①は満遍なく行き渡る意味、②は言葉や文章によって全体に知らせる意味である。これを古典漢語ではsiuan(呉音・漢音でセン)という。これを代替する視覚記号として宣が考案された。
宣は「亘セン(音・イメージ記号)+宀(限定符号)」と解析する。亘は「二(周囲を区切る符号)+囘(=回。渦巻模様)」を合せて、物の周囲を丸くめぐる状況を暗示させる図形。「〇の形に(円形に、丸く)めぐる」「丸く取り巻く」というイメージを表す記号になる(75「垣」を見よ)。宀は家・建物に関わる限定符号。限定符号はカテゴリーや意味領域を指定するほかの働きもある。それは図形的意匠を作る場面設定の働きである。比喩的限定符号として使われることもある。宣は家の周囲に丸く(円形に)垣や塀をめぐらす情景を設定した図形。これは図形的意匠であって意味ではない。円形は中心から周辺に等距離に広がるから、全体に欠け目なく(満遍なく)行き渡るというイメージを作り出す。宣の図形的意匠はこのイメージを作るのが目的で考案された。これで上の①の意味をもつsiuanを表記するのである。古代の日本人は①に「あまねし」の訓、②に「のる」の訓を与えた。「あまねし」とは「作用や状態が、ある範囲に余すところなく行きわたっている」の意味で、ぴったり合う。しかし「のる」は「神や天皇が、その神聖犯すべからざる意向を、人民に対して正式に表明するのが原義」(以上、『岩波古語辞典』)という。これは宣とぴったり合わない。
ちなみに白川は「宣室は裁判や儀礼の行われる場所で、そこで発布されるものが宣言・宣布とされ、宣は“のべる、のたまう”の意味となる」という。言葉の深層構造を捉えず、言語外のことから意味展開を説明している。