「専」
正字(旧字体)は「專」である。

白川静『常用字解』
「会意。叀けいと寸とを組み合わせた形。叀は上部を括った橐ふくろの形で、橐の中に物を入れ、手(寸)で 摶って固めることを專といい、“まるめる、うつ”の意味となる」

[考察]
白川は惠に含まれる叀を音符とするのでケイと読ませている。しかし叀を袋の形とすると惠との意味上のつながりがない。また專でも、袋に物を入れて打ち固めることと「まるめる」との意味上のつながりがない。また「橐の中のものをひたすらうち固めることから、“もっぱら、もっぱらにする”の意味となったのであろう」というが、「打ち固める」と「まるめる」と「もっぱら」の間に意味展開の必然性がない。
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法であるが、意味の取り方に無理がある。恣意的な解釈になりがちである。字形から意味を導くのは誤った方法である。意味とは「言葉の意味」であって字形から出るものではない。言葉の使われる具体的な文脈から判断し理解されるものである。専は古典に次の用例がある。
①原文:專氣致柔、能嬰兒乎。
 訓読:気を専らにし柔を致し、能く嬰児たらんか。
 翻訳:気を一つに集めて散らさず、体をとことんまで柔軟にすれば、赤ん坊になれるだろうか――『老子』第十章
②原文:使於四方、不能專對。
 訓読:四方に使ひして、専対する能(あた)はず。
 翻訳:使者として外国に行って、一人で対応できない――『論語』子路

①は一つのことだけに集中する意味、②は自分だけで何かを行う(独り占めする)の意味である。これを古典漢語ではtiuan(呉音・漢音でセン)という。これを代替する視覚記号として專が考案された。
專は「叀セン(音・イメージ記号)+寸(限定符号)」と解析する。叀は紡錘を描いた図形である。『説文解字』の一説として「紡専なり」がある。しかし実体に重点があるのではなく形態と機能に重点がある。紡錘は下に陶製の丸い煉瓦をぶら下げ、それを回転させて紡いだ糸を巻き取るものである。形態的には「丸く回る」というイメージ、機能的には「一つにまとまる」というイメージがある。寸は手の動作に限定する符号である。專は紡錘を回して糸を作る情景を設定した図形だが、これによって「いくつかのものを一つにまとめる」というイメージを暗示させる。かくて上の①の意味をもつtiuanを專で表記するのである。