「旋」

白川静『常用字解』
「会意。㫃えんと疋しょとを組み合わせた形。㫃は吹き流しの著いている旗竿の形。疋は膝から下の足の形。旗で進退を指示し、足をめぐらして引き返すことを旋といい、“めぐる、めぐらす”の意味となる。周旋とは、もと戦場であちこち歩きまわって戦うの意味であったが、のち世話をするの意味となった」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。㫃(旗竿)と疋(足)から、「足をめぐらして引き返す」という意味が出るだろうか。また周旋に「戦場であちこち歩きまわって戦う」という意味があったであろうか。この意味から「世話をする」の意味が出るだろうか。どちらも考えられない。
字形から意味を導くのは無理である。意味とは「言葉の意味」であり、字形から出るものではない。言葉の使われる文脈から出るものである。古典における旋の用例を見てみる。
①原文:必順天道、周旋無究。
 訓読:必ず天道に順ひ、周旋して究まること無し。
 翻訳:必ず天の方則に従い、ぐるぐる回って終わりがない――『国語』越語
②原文:言旋言歸 復我邦族
 訓読:言(ここ)に旋(めぐ)り言に帰り 我が邦族に復さん
 翻訳:車の向きをめぐらして帰り 一族のもとに戻りたい――『詩経』小雅・黄鳥

①は〇の形にぐるぐる回る(回転する)の意味、②は↺の形にくるりと回る(向きを変える)の意味で使われている。これを古典漢語ではziuan(呉音でゼン、漢音でセン)という。これを代替する視覚記号として旋が考案された。
旋は「疋+㫃」に分析する。疋は足(leg)の形。㫃は旗と関係があることを示す限定符号である。旗・旅・族・施などに含まれる。限定符号は意味領域を指示するほかに、図形的意匠を作るための場面設定の働きもある。旗と関わる場面が設定され、旗を持って歩き回る情景を暗示させるのが旋である。これ以上の情報は含まれていないが、①②の意味をもつziuanの表記とした。
①の意味(回旋・旋風の旋)から②の意味を経て、ぐるりと回ってもとの所に帰る意味(凱旋の旋)、仲を取り持つためにあちこち歩き回る意味(斡旋・周旋の旋)に展開する。