「潜」
正字(旧字体)は「潛」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は朁せん。朁は兓(呪具としての二本の簪かんざし)を曰(祝詞を入れる器の中に祝詞のある形)の上において、ひそかに人をのろい、そしることをいう。それでひそかに行為するの意味がある。水中をひそかに行くことを潜といい、“もぐる、くぐる” の意味となる」

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説く特徴がある。朁(祝詞の器の上に簪を置いて、ひそかに人をのろう)+水→水中をひそかに行くという意味を導く。
いくつかの疑問がある。祝詞を入れた器の上に二本の簪を置くという行為は何であろうか。不思議な行為である。これが「人をのろい、そしる」という意味になるだろうか。また祝詞とは口で唱える祈りの文句であり、言葉(聴覚言語)である。これを器に入れるとはどういうことか。理屈に合わない。また、「ひそかに」というのは「人知れずに」ということであろう。人知れずに水中を行くことが潜の意味であろうか。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。言葉という視点が欠けている。字形から意味を読もうとすると、恣意的な解釈になる可能性がある。意味とは「言葉の意味」であって字形から出るものではない。言葉の使われる文脈から判断し理解するものである。潜は古典に次の用例がある。
①原文:至人潛行不窒。
 訓読:至人は潜行して窒チツせず。
 翻訳:道を体得した人間は水に潜っても窒息しない――『荘子』達生
②原文:魚潛在淵 或在于渚
 訓読:魚は潜みて淵に在り 或いは渚に在り
 翻訳:魚は淵にひそみ隠れたり 中州の陰に隠れたり――『詩経』小雅・鶴鳴

①は水中にもぐる意味、②は奥深く入って隠れる(ひそむ)の意味で使われている。これを古典漢語ではdziәm(呉音でゼム、漢音でセム)という。これを代替する視覚記号しとして潛が考案された。
潛は「朁セン(音・イメージ記号)+水(限定符号)」と解析する。朁については668「蚕」で述べたが、もう一度振り返る。朁を分析すると「兓シン(音・イメージ記号)+曰(限定符号)」となる。兓は兂シンを二つ合わせたもの。兂は簪シンの原字で、かんざしを表す。かんざしは髪に挿す道具であり、「隙間にもぐりこむ」というイメージを表すことができる。兓も同じイメージを表す記号である。曰は言語行為に関する場面を設定する限定符号。したがって朁は人間関係の間に悪口をもぐりこませる状況を暗示させる。つまり譖シン(悪口を言う、中傷する、そしる)である。簪(かんざし)、譖(そしる)と場面が変わっても「隙間にもぐりこむ」というコアイメージは変わらない。かくて潛は水の中に深々ともぐり込む状況を暗示させる。
「細い隙間にもぐり込む」というイメージは「奥深く入り込む」というイメージに転化し、②の意味(潛在・潜伏の潜)に展開する。また②は隠れて姿を見せないという意味でもあるから、表に現れずに(人に隠れて、人知れずに、ひそかに)という意味も派生する。潜入の潜はこれである。