「全」

白川静『常用字解』
「象形。古い字形がなく定めがたいが、その字は佩玉の下に飾りを垂らしているらしい形である。佩玉のそれぞれの部分が備わることを全といい、“まったく、すべてととのう、すべて、そろう” の意味となる」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。字形の解釈をストレートに意味とするから、図形的解釈と意味が混同される傾向がある。「佩玉のそれぞれの部分が備わる」は図形的解釈であろう。これから「まったく」の意味になるというが、説明が足りないせいかぴんと来ない。
言語学では言葉(記号素)とは音と意味の結合したものと定義され、意味は言葉に内在する概念である。言葉を離れて意味があるわけではないし、字形にあるわけでもない。意味は言葉が使われる文脈から判断して捉えられるものである。
全は古典で次のような文脈で使われている。
①原文:有求全之毀。
 訓読:全を求むるの毀(そし)り有り。
 翻訳:完璧を求めているのに他人からとやかく言われることがある――『孟子』離婁上
②原文:可以保身、可以全生。
 訓読:以て身を保ち、以て生を全うすべし。
 翻訳:それでもって身体を保ち、生命をまっとうできる――『荘子』養生主

①は全部そなわって欠け目がない意味、②は欠けたところがないように保つ意味で使われている。これを古典漢語ではdziuan(呉音でゼン、漢音でセン)という。これを代替する視覚記号しとして全が考案された。
全は「入(イメージ記号)+玉(限定符号)」と解析する。入は中に入っていくことを示す象徴的符号である。「中に入れる」というイメージを表す。玉は玉や宝石などと関係があることを示す限定符号。限定符号は図形的意匠を作るための場面設定の働きがある。宝石や宝飾品を加工する場面が設定される。象嵌をする際、玉をびっしりとはめ込む情景を設定した図形が全である。この図形的意匠によって、欠けたところがなくすべてに渡ってそろっていることを暗示させる。「欠け目なくそろう」というコアイメージから、①②の意味が実現された。
①は英語のcompleteに当たる。これはラテン語のcomplere(満ちる)に由来し、「欠けた部分や要素がなくあらゆる点からみて完全な」「全部そろっている」の意味という(『英語語義語源辞典』)。全の語源と非常に似ている。