「阻」

白川静『常用字解』
「形声。音符は且。且に沮はばむの意味がある。阜(阝)は神が天に陟り降りするときに使う神の梯の形であり、そこに何か阻害するものを置いて、他者の侵入を“はばむ”ことをいう」

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くのが特徴である。会意とはAの意味とBの意味を足した「A+B」をCの意味とする手法である。且(沮む)+阜(神の梯)→神の梯に阻害するものを置いて他者の侵入をはばむという意味を導く。
ここで疑問。且に「沮む」という意味があるだろうか。そんな意味はない(『漢語大字典』)。また、阜が神が天に上り下りする梯だというが、そんなものが存在するだろうか。それがある場所に阻害するものを置くとはどういうことか。理解するのが難しい。
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法であるが、導かれた意味自体が架空のものであることが多い。意味とは「言葉の意味」であって、具体的な文脈で使われないと意味とは言えない。古典における阻の文脈を見てみよう。
①原文:遡洄從之 道阻且長
 訓読:遡洄して之に従へば 道は阻にして且つ長し
 翻訳:川に沿って遡り彼の後を追うと 道は険しくしかも長い――『詩経』秦風・ 蒹葭
②原文:既阻我德 賈用不售
 訓読:既に我が徳を阻み 賈コの用(もつ)て售(う)れず
 翻訳:もはや私の好意を拒み まるで売れ残り品の扱い――『詩経』邶風・谷風

①は地形が険しい意味、②はスムーズに通さない(邪魔をして止める、はばむ)の意味で使われている。これを古典漢語ではtsïag(呉音でショ、漢音でソ)という。これを代替する視覚記号しとして阻が考案された。
阻は「且シャ・ショ(音・イメージ記号)+阜(限定符号)」と解析する。且は一段一段と上に重なっていることを示す象徴的符号である(855「且」を見よ)。「重なる」というイメージを示す記号として使われる。「(段々と)重なる」は垂直に視点を置いたイメージだが、水平軸に視点を変えると、横に列をなして重なり合うというイメージになる。これを図示すると∧∧∧∧の形である。これは「ぎざぎざ」「じぐざく」「でこぼこ」「不ぞろい」のイメージである。阜は土を積み上げた形で、土・土盛り・段々などと関係があることを示す限定符号である。したがって阻は山や道などの地形がでこぼこで平坦ではない情景を設定した図形。この図形的意匠によって上の①の意味をもつtsïagを表記する。
意味はコアイメージによって展開する。「重なる」「でこぼこ」のイメージから②の意味に展開する。阻害・阻止の阻はこの意味である。