「壮」
正字(旧字体)は「壯」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は爿しょう。爿は脚のついた几(机)の形。その上に肉を供えて戦勝祈願の祭りをした後に、その祭肉を携えてひきいる人を將、将軍という。士は戦士階級の身分を示す小さな鉞の頭部の形で、戦士をいう。壮は親王家出身の戦士で、戦士集団の中核となっていた者であろう」 

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くのが特徴である。爿(机)+士(鉞の頭部)→戦士という意味を導き、戦士の意味から「さかん、つよい、おおきい」の意味に転じたという。
机と鉞という非常に僅かな情報から、多量の情報を読み、戦士という意味を導くが、士自体が戦士階級の身分の者だというから、では机は何だったのかということになる。
爿を机の形とし、祭肉→戦勝祈願→将軍と連想するのは深読みに過ぎる。將の解釈の疑問については889「将」で述べている。また877「床」では爿を寝台の形としており、本項の解釈と矛盾する。
言葉という視点がなく、字形から意味を導くのが白川漢字学説の特徴であるが、恣意的な解釈が多い。壮を「王家出身の戦士で、戦士集団の中核となっていた者であろう」としているが、そんな意味があろうとは思えない。意味とは「言葉の意味」であって実際に文脈で使われる意味である。文脈がなければ架空の意味でしかない。
壯は古典で次のような文脈で使われている。
①原文:及其壯也、血氣方剛。
 訓読:其の壮に及ぶや、血気方(まさ)に剛(つよ)し。
 翻訳:壮年になると血気がちょうど強くなる――『論語』季氏
②原文:方叔元老 克壯其猶 
 訓読:方叔元老は 克く其の猶(はかりごと)を壮(さか)んにす
 翻訳:わが大老の方叔さまは とても大きな戦略をお持ち――『詩経』小雅・采芑

①は気力の盛んな年頃の意味、②は勢いや力が盛んで大きい意味で使われている。これを古典漢語ではtsïang(呉音でシヤウ、漢音でサウ)という。これを代替する視覚記号しとして壯が考案された。
壯は「爿ショウ(音・イメージ記号)+士(限定符号)」と解析する。爿はベッドの形である。しかし実体に重点があるのではなく、形態・機能に重点がある。ベッドは人体に合うように造られており、「細長い」というイメージを表しうる。このイメージは「細い」「長い」「高い」「大きい」などのイメージにも展開する。また美的感覚としてはほっそりとしたイメージから、「スマートである」「スリムである」というイメージも生じる。士は未婚の男や成人男子の意味で、男に関係があることを示す限定符号に用いられる。したがって壯は背が高く体格のスマートな男を暗示させる図形。この図形的意匠によって上の①の意味をもつtsïangを表記した。