「争」
正字(旧字体)は「爭」である。

白川静『常用字解』
「会意。棒状のものを上下より手に取る形。爪と又は手の形。棒状のものを両端から引きあって相争う形で、“あらそう”の意味となる」

[考察]
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法である。棒状のものを両端から引き合って争う形から「あらそう」の意味が出たという。
字形に意味があるとして字形の解釈を意味とするのが白川学説であるが、意味を「字形の意味」とするのは言語学に反する。意味とは「言葉の意味」であって字形にあるわけではない。
漢字を見るには「字形→意味」の方向ではなく、「意味→字形」の方向に逆転させる必要がある。意味は古典における用例から判断し把握すべきである。
①原文:時靡有爭 王心載寧
 訓読:時に争ひ有ること靡(な)く 王の心載(すなは)ち寧し
 翻訳:もはや戦はどこにもなくて 王の心は安らいだ――『詩経』大雅・江漢
②原文:君子無所爭、必也射乎。
 訓読:君子は争ふ所無し、必ずや射か。
 翻訳:君子は競争しないが、するとすれば弓矢の試合ぐらいだろう――『論語』八佾

①は力ずくで物を取り合う意味、②は技などを比べて張り合う意味で使われている。これを古典漢語ではtsěng(呉音でシヤウ、漢音でサウ)という。これを代替する視覚記号しとして爭が考案された。
爭は「爪+丿+⺕(=又)」に分析できる。爪は下向きの手、又は上向きの手である。その中間に、引っ張ることを示す符号の丿を入れる。爭は上下の手で互いに反対方向に引っ張り合う状況を設定した図形である。 この図形的意匠によって「二つの力が←の方向と→の方向へ引き合う」というイメージを表すことができる。具体的文脈では上の①②の意味が実現される。