「走」

白川静『常用字解』
「象形。両手を振って走る人の形。“はしる” ことをいう。上半分は夭の形、下半分は止(趾あしあとの形で、行く、進むの意味がある)で、走ることを強調している」

[考察]
走を二つの要素に分析しているから象形ではなく会意であろう。いずれにしても字形から意味を引き出す字源説であることに変わりはない。
言葉から出発し、まず意味を確かめ、次に字源を検討するのが筋である。走は古典に次の用例がある。
①原文:來朝走馬
 訓読:朝に来りて馬を走らす
 翻訳:朝早く来て馬を走らせる――『詩経』大雅・緜
②原文:棄甲曳兵而走。
 訓読:甲を棄て兵を曳きて走る。
 翻訳:甲冑を捨て武器を引きずって逃げる――『孟子』梁恵王上

①は足早にはしる、はしらせる意味、②は逃げる意味で使われている。これを古典漢語ではtsug(呉音でス、漢音でソウ)という。これを代替する視覚記号しとして走が考案された。
古典漢語でなぜはしることをtsugというのか。その語源を究明したのは藤堂明保である。藤堂は足のグループ(足・促・捉)、取のグループ(取・趣・聚・驟・叢)、走、芻のグループ(芻・趨・皺)、束のグループ(束・速・嗽・竦)、族のグループ(族・蔟・嗾)、从のグループ(従・縦・慫)、奏のグループ(奏・湊)などは一つの単語家族を構成し、TSUG・TSUK・TSUNGという音形と、「ぐっと縮める、一所に集めそろえる」という基本義があるとした(『漢字語源辞典』)。「間隔が縮まる」というコアイメージと言い換えることができる。歩幅を縮めてせかせかと行くことが「はしる」という行為であり、これをtsugというのである。
走の字源は「夭(両手を振る人の形)+止(足の形)」に分析する。人を手を振って走る情景を設定した図形である。この意匠によって上の①の意味をもつtsugの表記とした。字源からは言葉の深層構造は読み取れない。