「草」

白川静『常用字解』
「形声。音符は早。早は匙の、物をすくう部分の形。草は艸(くさ)と同じ意味に用い、古くは艸の字を使用した」

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説く特徴があるが、早(匙)と草との関連を示していない。会意的に説明できているとは言えない。不十分な字源説である。
形声の説明原理とは言葉の深層構造に掘り下げ、コアイメージを捉えて、語源的に意味を説明する方法である。白川学説は言葉という視座を欠くので、コアイメージという考えもない。だから形声の説明ができず、会意的手法に頼らざるを得ない。
「くさ」を古典漢語ではts'ogといい、艸の図形が与えられたが、艸は漢字の造形法における限定符号に使われるようになったので、新たに草が考案された。なぜこの図形が作られたのか、なぜこれで「くさ」を表しうるのか。これは字源の問題でもあるし、語源の問題でもある。
まず古典における草の用例を見る。
①原文:辟草萊、任土地。
 訓読:草萊を辟(ひら)き、土地を任ず。
 翻訳:雑草の生い茂った荒れ地を開拓し、土地を勝手に利用する――『孟子』離婁上
②原文:無草不死 無木不萎
 訓読:草として死せざるは無く 木として萎イせざるは無し
 翻訳:すべての草は枯れ死に すべての木はなえしぼむ――『詩経』小雅・谷風
③原文:驕人好好 勞人草草
 訓読:驕人好好たり 労人草草たり
 翻訳:おごれる者は有頂天 苦労する者は慌てくたびれ――『詩経』小雅・巷伯

①は原野に生える野草・雑草の意味、②は広く草本植物の意味、③はぞんざいなさま、また慌ただしいさまの意味で使われている。これを古典漢語ではts'og(呉音・漢音でサウ)という。これを代替する視覚記号として草が考案された。
草は「早(音・イメージ記号)+艸(限定符号)」と解析する。『説文解字』に「草は草斗、櫟実なり。一に曰く象斗」とあるが、これは実は早の説明になっている。早は皁と同じで、皁は象斗(殻斗)のことである。皁には白が含まれている。白はドングリを描いた図形である。その下に十の符号をつけた皁は殻(外皮)のついたドングリを表している(1115「早」を見よ)。
早(=皁)は殻斗であるが、実体に重点があるのではなく、形態・機能に重点がある。殻斗は黒色を採る染料に利用された。皁は黒色の意味がある。したがって早(皁)は黒いというイメージを表す記号になる。イメージは転化するものである。「黒い」は「暗い」のイメージに転化する。「暗い」は物理的イメージだが、心理的イメージにも転用される。「暗い」のイメージから「はっきりしない」「あいまいで確かでない」のイメージへ、さらに「いい加減でぞんざいである、粗雑である」というイメージにも転化する。このように早は「黒い」「暗い」「ぞんざい」「粗雑」という複合的なイメージを表す記号である。
艸は屮(草の芽の形)を二つ並べた図形で、これでもってts'ogを表記できたが、草と関係があることを示す限定符号として用いられる。
かくて草はどこにでも勝手に生えて手に負えない下等な雑草を暗示させる。丁寧に(人工的に)栽培される草ではなく原野に生える雑草をts'ogといい、草と表記するのである。
意味はコアイメージによって展開する。「いい加減でぞんざい、粗雑」というイメージから③の意味が実現される。草草・草卒の草はこれである。また丁寧ではなくぞんざいに書いたもの(下書き)の意味(草稿の草)、きちんとした書き方ではなくぞんざいに書き殴ったような書体の意味(草書の草)に展開する。
白川は草堂(草葺きの粗末な家)や草鄙(草深い田舎)などから、「そまつな、いやしい、したがき」の意味が出たとしている。