「騒」
正字(旧字体)は「騷」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は蚤そう。蚤はのみ。蚤にかまれて、手で蚤をかくことを搔(かく)といい、かゆくて馬が騒ぐので騒という」

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くのが特徴である。蚤(のみ)+馬→馬が(蚤にかまれて)かゆくて騒ぐという意味を導く。
会意とはAの意味とBの意味を足した「A+B」をCの意味とする手法である。字形の解釈をストレートに意味とするから、意味に余計な意味素が混入する。図形的解釈と意味を混同するのが白川漢字学説の特徴である。騒に「かゆくて馬が騒ぐ」という意味はない。「かゆい」も「馬」も余計な意味素である。
形声の説明原理とは言葉の深層構造に掘り下げ、コアイメージを捉え、語源的に意味を説明する方法である。
意味とは何か。「言葉の意味」であることは言うまでもないことである。字形(文字)と言葉は全くレベルの違う記号である。聴覚的な記号である言葉を視覚的な図形に切り換えるものが文字である。文字の前提には言葉がある。言葉を無視して意味を云々することはできない。
では意味はどうして分かるのか。言葉の使われる文脈から判断し把握するのである。文脈がなければ意味はない。騒は古典に次の文脈で使われている。
 原文:徐方繹騷
 訓読:徐方繹(つ)ぎて騒ぐ
 翻訳:徐方[国名]がひっきりなしに騒いでいる――『詩経』大雅・常武
騷はさわぐという意味で使われている。これを古典漢語ではsog(呉音・漢音でサウ)という。これを代替する視覚記号しとして騷が考案された。
騷は「蚤ソウ(音・イメージ記号)+馬(限定符号)」と解析する。蚤は昆虫のノミを表すが、実体に重点があるのではなく生態や機能に重点がある。蚤を分析すると「㕚+虫」になる。この㕚という記号にコアイメージの源泉がある。㕚は又(手の形)の間に点々を入れて、「つめ」を暗示させる。つめの機能から「表面をひっかく」というイメージを表すことができる。肌をひっかく虫が蚤である。蚤は㕚と同様に「表面をひっかく」というイメージで使うことができる。馬は馬と関係があることを示す限定符号である。限定符号の役割は意味領域を指示するだけでなく、図形的意匠を作るための場面設定の働きがある。騷は馬が落ち着かず表面(地面)をひっかく場面がを設定した図形である。馬は比喩的限定符号とも言える。この図形的意匠によって、うるさく搔き乱したり、いらいらと動き回ったりして、行動が落ち着かないという意味をもつsogを表記した。