「束」

白川静『常用字解』
「象形。雑木をたばねてくくる形。“たばねる、つかねる、たばねたたば、たば” の意味に用いる」

[考察]
木をたばねた形から「たばねる」の意味が出たという解釈である。字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。
これは逆立ちした学説である。言葉が先にあり、文字は後にできたということは明白な事実である。文字は言葉を表記する手段である。意味は言葉に属する概念であって、字形に属する概念ではない。漢字の見方は「字形→ 意味」の方向ではなく、「意味→字形」の方向に見るのが正しい見方である。
「意味→形」の方向から束を見てみよう。束は古典で次のような文脈で使われている。
①原文:牆有茨 不可束也
 訓読:牆(かき)に茨有り 束(つか)ぬるべからず
 翻訳:垣根にハマビシが生えている それを束ねてはいけない――『詩経』鄘風・ 牆有茨
②原文:生芻一束
 訓読:生芻セイスウ一束
 翻訳:[贈り物は]刈り立てのまぐさ一束――『詩経』小雅・白駒

①は縛って一まとめにする(たばねる)の意味、②は束ねたものの意味、また、それを数える助数詞である。これを古典漢語ではsiuk(呉音でソク、漢音でショク)という。これを代替する視覚記号しとして束が考案された。
古人は「束は促なり」と語源を説いている。促だけでなく、縮・粛とも同源で、「縮める」「締めつける」というコアイメージがある。
束は木の間にᄆの符号を入れて、木をぎゅっと縛る情景を暗示させる図形である。この意匠によって上の①②の意味をもつsiukを表記した。
「締めつける」というコアイメージから、動きが取れないように締めつける意味に展開する。これが束縛・拘束の使い方である。