「足」

白川静『常用字解』
「象形。膝の関節から下の足の形。上部の口は関節の部分、下部の止は足あとの形で、足先を示す。足は足の形全体を写すのではなく、膝と足先とを組み合わせて“あし” を示している」

[考察]
字形の解説としては妥当であるが、言葉という視点が抜け落ちているので、足になぜ「たりる」の意味があるかを説明できない。
言葉という視点に立って足を見てみよう。まず古典における用例を尋ねる。
①原文:鹿斯之奔 維足伎伎
 訓読:鹿の奔る 維(こ)れ足伎伎キキたり(斯はリズム調節詞)
 翻訳:鹿は駆けるよ 足取り軽く――『詩経』小雅・小弁
②原文:室家不足
 訓読:室家足らず
 翻訳:部屋と家[夫婦となるための条件]が足りませぬ――『詩経』召南・行露

①はあしの意味、②は欠け目なくいっぱい満ちる(たりる)の意味である。これを古典漢語ではtsiuk(呉音でソク、漢音でショク)という。これを代替する視覚記号しとして足が考案された。
語源については藤堂明保が、「足は捉・促や縮と同系のコトバで、人間が一歩ごとに、両足の開きを縮め、左足を右足にぐっと引きつける点に着目した命名である」と明快に述べている。足の機能は進むことにも止まることにもあるが、進む際には、Aの足とBの足の間隔を縮める動作を連続させて前に進むことができる。二点間を短縮させる(縮める)というのがtsiukという語のコアにあるイメージである。
次に字源は「〇(変化して口)+止(footの形)」を合わせて、くるぶし(膝小僧)から足先までの部分を描いた図形である。
意味はコアイメージによって展開する。「(二点間の距離を)縮める」というイメージは「二点間の空間を隙間なく埋める」というイメージに転化し、上の②の意味に転義する。
「あし」と「たりる」という何の関係もなさそうな意味展開を合理的に説明するのはコアイメージという概念である。言葉の深層構造にあるイメージを捉えることが重要である。字源だけを扱う漢字学には限界がある。