「属」
正字(旧字体)は「屬」である。

白川静『常用字解』
「会意。尾と蜀しょくとを組み合わせた形。尾は尾をまっすぐ伸ばしている獣の形で、牝の獣。蜀は牡の獣の形。虫の部分が雄の性器の形。尾と蜀とを組み合わせて、牝牡相連なること、交尾することをいう」

[考察]
蜀と属は音のつながりがあるから形声のはず。白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くのが特徴である。尾(牝の獣)+蜀(牡の獣)→牝牡が相連なる、交尾するという意味を導く。
尾を牝の獣とするのは奇妙である。何の根拠もない。また蜀を牡の獣とするのも変な解釈である。『説文解字』などで蜀は蠋の原字としている。獣ではなく虫である。
字形の解釈をストレートに意味とするのが白川漢字学説の特徴である。だからしばしば図形的解釈と意味が混同される。属に交尾するという意味はない。これは図形の解釈であろう。意味とは「言葉の意味」であって、具体的文脈で使われる意味である。古典における属の用例を見てみよう。
①原文:君子無易由言 耳屬于垣
 訓読:君子よ由言を易(やす)くする無かれ 耳垣に属(つ)く
 翻訳:君子よ軽々しくしゃべるでないぞ 耳が垣根についている――『詩経』小雅・小弁
②駢文:項羽由是爲諸侯上將軍、諸侯皆屬焉。
 訓読:項羽是れ由り諸侯の上将軍と為り、諸侯皆焉(これ)に属す。
 翻訳:項羽はこの時から諸侯の大将となり、諸侯は皆彼に所属した――『史記』項羽本紀

①はAとBがくっついてつながる意味、②は似た者同士がつながる(仲間になる)の意味で使われている。古典漢語では①をtiuk(呉音でソク、漢音でショク)、②をdhiuk(呉音でゾク、漢音でショク)という。これらを代替する視覚記号しとして屬が考案された。
古人は「属は続なり」と語源を捉えている。続は▯-▯-▯-▯-の形に次々と続くというイメージだが、▯-▯の部分に焦点を当てると、二つのものがくっつくようにつながるというイメージになる。これが属の意味である。
屬は「蜀ショク(音・イメージ記号)+尾(限定符号)」と解析する。蜀については948「触」、949「嘱」でも触れているが、もう一度振り返る。蜀は目玉の大きな虫を描いた形である。『説文解字』に「蜀は葵中の蚕なり」とあり、『詩経』の「蜎蜎者蜀」という詩句を引用している。現在の『詩経』のテキストでは蠋となっている。蠋はアオムシやイモムシのことで、蝶や蛾の幼虫である。この虫はある種の木の葉にとりついて、食べ終わるまで離れない習性がある。これから「一所にくっついて離れない」というイメージが捉えられ、漢字の造形に使われる(属・嘱・瞩・触・独など)。尾はしっぽに関係があることを示す限定符号。限定符号は図形的意匠を作るための場面設定の働きがある。屬は動物が交尾してくっつく場面を設定した図形である。図形的意匠は意味と同じではない。「二つがくっついてつながる」「くっつけて離さない」「くっつける」というイメージを表すのである。かくて上の①の意味が実現された。
①から②の意味(帰属・従属の属)に、さらに、つながりをもつ仲間の意味(金属・尊属の属)に展開である。