「率」

白川静『常用字解』
「象形。糸たばをしぼる形。糸たばの上下に小さな横木を渡し、これを拗って水をしぼる形で、糸たばの左右に水滴が滴る形をそえる。力を入れて強くしぼるので、“ひきいる” と意味となる」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。糸束を強くしぼる→ひきいるという意味を右導く。
「糸たばをしぼる形」というのは甲骨文字や金文の字体の解釈であろう。しかし「糸+ハ+ハ(左右の点々)」からなぜ「糸束を絞る」 と解釈できるのか。また「糸たばの上下に小さな横木を渡す」というのは篆文の「亠」と「十」の解釈であろう。字体の変化の説明がないので分かりにくい。
糸束を絞るとか拗るというのはどういう場面か。濡れた糸から水分を取る場面か、それとも染料に漬けて取り出す場面か。説明がないので分かりにくい。また「力を入れて強く絞る」からなぜ「ひきいる」の意味になるのか、これも大きな疑問である。
字形から意味を引き出そうとすると恣意的な解釈になりやい。意味とは「言葉の意味」であって、字形から出るものではない。意味は文脈がないと知りようがない。まず古典の文脈から意味を確かめるべきである。
①原文:悉率左右 以燕天子
 訓読: 悉(ことごと)く左右を率ゐ 以て天子を燕(たのし)ましむ
 翻訳:家来をみんな[狩り場に]引き連れて 天子を楽しくさせる――『詩経』小雅・吉日
②原文:率西水滸 至于岐下
 訓読:西水の滸(ほとり)に率(したが)ひ 岐の下に至る
 翻訳:西水のみぎわに沿って 岐山の麓に着いた――『詩経』大雅・緜
③原文:羿不爲拙射變其彀率。
 訓読:羿ゲイは拙射の為に其の彀率コウリツを変えず。
 翻訳:羿[弓の名人]は下手な射手のために弓を引く基準を変えたりはしない――『孟子』尽心上

①は先頭に立って引っ張っていく(ひきいる)の意味、②はルートに沿って行く意味、③は従うべき基準・ルールの意味で使われている。古典漢語では①②をsïuәt(呉音でソチ・シュチ、漢音でソツ)、③をliuәt(呉音でリチ、漢音でリツ)という。これらを代替する視覚記号しとして率が考案された。
古人は「率は循なり」と語源を捉えている。王力(現代中国の言語学者)も率・循・遵・順を同源の語と認めている(『同源字典』)。これらの語は「ルートに従う」というコアイメージがある。ルートに従うことの前提には基準になるものの存在がある。「ひきいる」という行為には「基準やルートに外れない」というイメージが含まれている。以上は語源から見た率である。次に字源を見る。
率は甲骨文字・金文の字体は「玄+ハ+ハ」と分析できる。篆文では字体が変わり、「玄+ハ+ハ+十」となった。玄は宙吊りの糸の形だが、紐や縄を表すこともある(牽引の牽にも含まれている)。「ハ+ハ」は玄の両側にあり、四方に分散するものを示す符号。十は「まとめて一本化する」というイメージを表す記号である(819「十」を見よ)。かくて率は分散するものを紐などでまとめて引っ張る情景を設定した図形。この意匠によって、ルートからそれないようにひきいることを意味するsïuәtの表記とした。