「耐」

白川静『常用字解』
「会意。而は頭髪を切って髻まげのない人を正面から見た形で、雨乞いをする巫祝の姿。巫祝に手(寸)を加えて巫祝を使役する形が耐で、よく“たえる” ことをいう」

[考察]
形声の説明原理がなく会意的に説くのが白川漢字学説の特徴である。而(髪を切って雨乞いする巫祝)+寸(手)→巫祝を使役する→よく耐えるという意味を導く。
髪を切った人がなぜ雨乞いをする巫女なのか、巫女を使役することがなぜ「耐える」の意味になるのか、訳が分からない。字形の解釈も意味の取り方も疑問がある。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。言葉という視座がないから、字形の恣意的な解釈が目立つ。字形からではなく具体的文脈から意味を求めるべきである。また語源を検討してから字源に進むべきである。語源の究明が字源の勝手な解釈の歯止めになる。
耐は次のような文脈で使われている。
①原文:能耐任之則愼行此道也。
 訓読:能く之を耐任すれば則ち慎んで此の道を行ふなり。
 翻訳:十分に耐えるならば、この道を慎重に行うことができる――『荀子』仲尼
②原文:不耐自生者、上收而養之疾。
 訓読:自ら生くるに耐へざる者は、上収めて之(これ)が疾を養ふ。
 翻訳:自分で生きる能力のない者については、政府が彼を収容して疾患を手当してやる――『管子』入国

①は粘り強く我慢する意味、②は何かをする能力がある意味で使われている。これを古典漢語ではnәgという。これを代替する視覚記号しとして耐が考案された。
王力(現代中国の言語学者)は耐・能・忍・任を同源としている(『同源字典』)。能・忍には「粘い強い」というコアイメージがある。「粘り強い」は「柔らかい」のイメージから転化する。これは漢語意味論におけるイメージ転化現象の一つで、女(「柔らかい」のイメージ)から奴・努(「粘り強い」のイメージ)へ転化するのはその例。
以上は語源について述べたが、次に字源に進む。耐は「而ジ(音・イメージ記号)+寸(限定符号)」と解析する。而はふさふさと垂れ下がる頰ひげを描いた図形で、髵(ほおひげ)の原字である。。しかし実体に重点があるのではなく形態に重点がある。而は「柔らかい」というイメージを表す記号になりうる。「柔らかい」のイメージは「粘り強い」のイメージに転化する。需(何かを期待して粘り強く待つ)にも而が使われている(795「需」を見よ)。寸は動作・行為に関わる限定符号。したがって耐は粘り強く持ちこたえる状況を暗示させる図形である。この意匠によって上の①の意味をもつnәgを表記する。
①から、何かをするのに持ちこたえる意味に展開する。これが耐震・耐火の耐である。また粘り強く何かをする力があるという意味(上の②)を派生する。この場合はほとんど能と同義である。耐(nәg)と能(nәng)は語尾が少し変わっただけである。