「逮」

白川静『常用字解』
「形声。音符は隶たい。隶は祟たたりをもたらす獣の尾を手(又)に持つ形で、これによって禍を他に及ぼし、祟を祓うことができると考えられた。それで逮は“およぶ、およぼす”の意味となる。のち“とらえる”の意味に用いる」

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くのが特徴である。隶(祟をもたらす獣の尾を持つ)+辵→禍を他に及ぼし祟を祓う→およぶ・およぼすという意味を導く。
ここで疑問。祟りをもたらす獣とは何のことか。その尻尾を手に持つという動作が有り得るのか。この行為がなぜ禍を祓うことになるのか。古典でこんな事実があるのか。多分この字の解釈以外にないだろう。証拠のない習俗を仮定して漢字を解釈するのはこれだけではない。 
意味とは「言葉の意味」であって字形から出るものではない。字形に意味があるとして、字形の解釈をもって意味に替える白川漢字学説の方法は誤りと言ってさしつかえない。
意味は言葉の使われる文脈に求めるべきである。古典における逮の用例を見てみよう。
①原文:逮于袁婁而與之盟。
 訓読:袁婁に逮(およ)びて之と盟ふ。
 翻訳:彼と袁婁[地名]で追いついて誓いを立てた――『春秋左氏伝』成公二年
②原文:政逮於大夫四世矣。
 訓読:政、大夫に逮ぶこと四世なり。
 翻訳:政治が家来の手に至ってから四代になる――『論語』季氏

①は空間的に対象に追いつく意味、②は時間的にある時点まで至る意味で使われている。これを古典漢語ではではdәg(呉音でダイ、漢音でタイ)という。これを代替する視覚記号として逮が考案された。
逮は「隶タイ(音・イメージ記号)+辵(限定符号)」と解析する。隶を分析すると「尾の略体+又(手)」となる。しっぽ(後ろ)に手が届く状況を設定した図形である。『説文解字』で「隶は後ろより之に及ぶなり」と説明している。逮は歩行・進行に関わる限定符号の辵を添えたもの。
上の①の「空間的に追いつく」から、②の「時間的に追いつく」に転義する。逮は逮捕する(つかまえる)という意味ではない。捕が「つかまえる」であって、逮は「追いつく」という意味である。まして「禍を他に及ぼす」などといった意味合いはあり得ない。