「台」
旧字体は「臺」である。

白川静『常用字解』
「会意。高の省略形と至とを組み合わせた形。至は矢が到達することを示し、重要な建物を建てるとき、神聖な矢を射てその建設場所を選定することをいう。そのようにして選定された場所に建てられた高い建物を臺といい、“うてな” の意味に用いる」

[考察]
至が「重要な建物を建てるとき、神聖な矢を射てその建設場所を選定すること」だというが、矢で建物の場所を決める習俗があったというのだろうか。証拠があるとは思えない。またそのようにして建てた建物がなぜ「うてな」なのか。これがなぜ重要な建物なのか。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法であるが、字形の解釈が納得できるものではない。特に至の解釈が恣意的に過ぎる。
まず字形の分析を見直すべきである。『説文解字』では「至+之+高の省」とし、注釈本では之の声とするものが多い。したがって「之シ(音・イメージ記号)+至(イメージ補助記号)+高の略体(限定符号)」と解析したい。なぜ高を限定符号とするかと言うと、建物と関係があるからである。
臺の用例は次の通り。
 原文:新臺有泚 河水彌彌
 訓読:新台泚セイたる有り 河水彌彌たり
 翻訳:新しいうてなは水で潤い 黄河の水はみなぎり渡る――『詩経』邶風・新台
臺は見晴らし台(うてな)の意味である。これを古典漢語ではdәg(呉音でダイ、漢音でタイ)という。これを代替する視覚記号しとして臺が考案された。臺は四方を見晴らすために建てた屋根のない建造物で、遊楽をする所である。丘や山などの景色のよい場所に建てられる。
之は「一+止」から成り、止がコアイメージを提供する。止は足(foot)の形で、「止まる」と「進む」というイメージを表す記号である。之は「進む」のイメージだが、止と同じく「止まる」というイメージも用いられる。至はこれ以上進めない所に至ることで、「これ以上は行けないどん詰まり」というイメージがある。したがって臺は山の際にじっと立ち止まる建物を暗示させる図形である。「うてな」の環境を念頭においた図形的意匠になっている。