「第」

白川静『常用字解』
「形声。音符は弟を省略した形。弟は説文に“韋束の次弟なり”とあり、韋(なめし皮)の紐でものを順序よく縛り束ねることをいう。竹は竹簡。竹簡を順序よく束ねることを第といい、“しだい” の意味となり、“合格する”の意味に用いる」

[考察]
第に「竹簡を順序よく束ねる」という意味があるだろうか。そんな意味はない。ただ順序・次第という意味である。白川漢字学説は字形の解釈をストレートに意味とする特徴がある。その結果図形的解釈と意味が混同される。
竹簡は文字を書いた竹札である。これを綴るには順序通りでないと書物にならない。一方、束ねるとは綴った冊子を束ねるのであろうが、この束ね方に順序があるとはどういうことか。一巻、二巻というぐあいに別々に束ねるということか。あまりぴんと来ない。
古典における第の用例は次の通り。
 原文:亂必有第。
 訓読:乱に必ず第有り。
 翻訳:乱には必ず順序次第がある――『呂氏春秋』原乱
第は一段一段と並んで続く順序の意味である。これを古典漢語ではder(呉音でダイ、漢音でテイ)という。これを代替する視覚記号しとして第が考案された。
第は「弟の略体(音・イメージ記号)+竹(限定符号)」と解析する。弟は「弋(いぐるみ+弓(巻きつける符号)」 を合わせたもの。紐を巻きつけた形状に視点を置くと、∞の形や螺旋状の形になっている。これは「上から下に段々と垂れ下がる」というイメージであり、また「▯-▯-▯-の形に段々と順をなす」というイメージでもある。竹は竹に関係のあることを示す限定符号だが、限定符号には比喩的限定符号もある。竹は一段一段と節が順序よく並んでいる。だから竹を比喩に利用する。かくて第は竹の節のように、一段一段と順序よく並んで続く状況を暗示させる。この図形的意匠によって上記の意味のderを表記した。
なお第に「合格する」の意味はない。合格は登第(第に登る)という。第は「▯-▯-▯-の形に段々と順をなす」というコアイメージから、試験に合格する最低ラインという意味である。第から落ちるのが下第、落第である。