「宅」

白川静『常用字解』
「形声。音符は乇たく。説文び先端が伸びてものに寄りかかる草の葉の形とするが、宅・亳・託などの字からすると、草の葉による占いの方法を示す字であろう。宅は建物を建てるとき、神意を聞く方法を示す字であろう。宀は祖先を祭る廟の屋根の形。廟の中で神託を求め、神意を受けるという意味であろう。それで宅はもと神意のあるところ、神聖なもののおるところという意味であろう」

[考察]
形声の説明原理がなく、字形をなぞって意味を導くのが白川漢字学説の特徴であるが、本項は字形を推測で解釈している。草による占いとは何のことか。これが建築の際に神意を聞く方法だろうか。宅に「神意のあるところ、神聖なもののおるところ」という意味があるだろうか。すべて疑わしい。
意味は「言葉の意味」であって、字形から出るものではない。言葉の使われる文脈から出るものである。具体的な文脈における言葉の使い方が意味である。古典で宅がどのように使われているかを見てみよう。
①原文:定申伯之宅
 訓読:申伯の宅を定む
 翻訳:申伯[人名]の住居を定める――『詩経』大雅・崧高
②原文:宅是鎬京
 訓読:是の鎬京コウケイ[地名]に住む――『詩経』大雅・文王有声

①は腰を落ち着けて住む家の意味、②はある場所に落ち着いて住む意味で使われている。これを古典漢語ではdăk(呉音でヂヤク、漢音でタク)という。これを代替する視覚記号しとして宅が考案された。
dăk(宅)という語の語源を究明したのは藤堂明保である。藤堂は乇のグループ(宅・托・託)は者のグループ(都・儲など)や、庶・貯・処・図と同源の単語家族に属し、これらはTAG・TAKという音形と、「一所に集まる(定着する)」という基本義があるとした(『漢字語源辞典』)。住むという行為は一つの場所に定着することであり、住む家がdăk(宅)にほかならない。家とは全く別の発想から生まれた語である。
次に字源を見る。宅は「乇タク(音・イメージ記号)+宀(限定符号)」と解析する。乇については『説文解字』で「垂穂に従ひ、上は一を貫き、下に根有り」と解釈している。植物が地下に根を張り、地上に芽を出している姿と見てよい。植物が一(地面)の上に出ている状態に重点がある。これは安定している状態である。ここから「下地の上に乗っかって安定する」「ある物の上を身をあずけて落ち着く」というイメージを表しうる。語源的には「定着する」のイメージであるが、これも「物の上に乗って安定して落ち着く」というイメージに展開するから、二つのイメージは「定着する」という一つのイメージに概括できる。宀は家と関係があることを示す限定符号である。かくて宅はその上を体をあずけて落ち着く家を暗示させる図形である。この図形的意匠によって上の①の意味をもつdăkを表記した。
宅は神とは何の関係もない。人が体をあずけて落ち着いて住む家のことである。宅と託(あずける)は同源の語である。