「達」

白川静『常用字解』
「形声。音符は𦍒たつ。𦍒の もとの形は羍で、大(後ろから見た牝羊の腰の形)の下に小羊が生まれ落ちる形で、小羊の滑り出すように勢いよく生まれる様子をいう。辵(辶)には歩く、行くの意味がある。それで渋滞することなく速く行くことを達といい、“とおる、つらぬく”の意味となる」


[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説く特徴がある。羍(小羊が滑り出すように勢いよく生まれる)+辵(歩く)→渋滞することなく速く行くという意味を導く。
達にこんな意味はない。これは字形の解釈である。字形の解釈をストレートに意味とするのは白川漢字学説の全般的特徴である。図形的解釈と意味を混同している。
「大(羊の腰)+羊」からなぜ「滑り出すように」「勢いよく」「生まれる」が出るのか。達が「通る」という意味だと予め分かっているから、それから逆推して、字形をそう解釈したとしか思えない。達の意味が分からない場合、「大+羊」という単純な字形から、そんな解釈が出てくるだろうか。
意味とは「言葉の意味」であって、字形から出るものではない。言葉の使われる文脈から出るものである。達は次のような文脈で使われており、字形から導くまでもなく、既に分かっていることである。
①原文:川上有路、以達於畿。
 訓読:川上に路有り、以て畿に達す。
 翻訳:川のほとりに道があり、畿内に通じている――『周礼』地官・遂人
②原文:驛驛其達
 訓読:駅駅として其れ達す
 翻訳:[穀物の苗は]次々に地表に通って出てくる――『詩経』周頌・載芟
③原文:辭達而已矣。
 訓読:辞は達するのみ。
 翻訳:言葉は伝達するだけで十分だ――『論語』顔淵

①は道がスムーズに通じる意味、②は物事がスムーズに通る意味、③は物や言葉が目的の所にスムーズに届く意味で使われている。これを古典漢語ではdat(呉音でダチ、漢音でタツ)という。これを代替する視覚記号しとして達が考案された。
上の用例のほかに『詩経』に「先づ生むは達の如し」(最初に生まれた子は羊の子のようだった)という用例がある。この達は羍の代わりに使われている。羍は羊の子の意味である。古人は羊を安産する動物と考えたらしい。ただし上の詩句は安産だというのではなく、胞衣に包まれて生まれる奇怪な出産ということである。胞衣のまま生まれるから安産だと考えたようである(羊だけの話ではないだろうが)。この羍から発展した字が達である。
達は「羍タツ(音・イメージ記号)+辵(限定符号)」と解析する。羍を分析すると「大ダイ(音・イメージ記号)+羊(限定符号)」となる。大は「ゆったりしている」というコアイメージがある(1200「大」を見よ)。空間的な幅や余裕があるというイメージである。だから羊の子が余裕をもって産道から通り抜けることが羍の図形で暗示される。しかし達が造形されたのは、羊の子という実体に重点を置くのではなく、形態や機能に重点が置かれるのである。羍(dat)という言葉の根底には「スムーズに通る」というイメージがある。このコアイメージを受け継ぐのが達(dat)なのである。歩行・進行と関係のある限定符号の辵を添えて達は道がスムーズに通ることを暗示させる図形と解釈できる。ただし道に限定されるのではなく、文脈によって意味は変容する。しかし「スムーズに通る」というコアイメージは変わらない。到達、上達、栄達、伝達、配達などの達は少しずつ意味が変わるが「スムーズに通る」というコアイメージが貫いている。