「短」

白川静『常用字解』
「形声。音符は豆。説文に“長短する所有るときは、矢を以て正と為す” とあり、長短の長さをはかるの意味とする。豆は脚が高く頸の部分の短い食器である。それで短は短い矢をいい、すべて“みじかい、ひくい”の意味となる」

[考察]
会意的に説いているのに、なぜわざわざ形声とするのか理由が分からない。豆のトウはタンの音とは懸け離れている。短が短い矢の意味というのも理解し難い。こんな意味はない。
意味は「言葉の意味」であって字形から出るのではなく、文脈から出るものである。短は古典に次の用例がある。
 原文:鳧脛雖短、續之則憂。
 訓読:鳧の脛は短しと雖も、之を続(つ)がば則ち憂へん。
 翻訳:カモの脛は短いけれども、無理に継ぎ足すと悲しむだろう――『荘子』駢拇
短は空間的にみじかい意味である。これを古典漢語ではtuan(呉音・漢音でタン)という。これを代替する視覚記号しとして短が考案された。
短は「豆+矢」から成る。矢は武器の一つで、まっすぐで短いものである。豆は「たかつき」という食器の一つで、これもまっすぐに立つもの。まっすぐだが比較的短いというイメージを示している。この豆と矢とを合わせた短は、まっすぐで短い状況を暗示させる図形である。これは図形的意匠であって意味ではない。意味は上記の通りである。矢も豆も意味には入らない。
短は会意の手法による造形法の典型である。会意とはAとBをぶっつけて、AとBを超越したイメージ・意味を作り出す手法である。日(太陽)と月(つき)とをぶっつけて、「あかるさ」という抽象概念を作り出すのと同じように、矢(や)と豆(たかつき)をぶっつけて「みじかさ」という抽象概念を作り出している。もちろん図形から意味が出るのではなく、「みじかい」という意味の言葉を会意的造形法で表記を考案したというのが論理的な筋道である。これを間違えて字形から意味を導くのが白川漢字学説である。