「端」

白川静『常用字解』
「形声。音符は耑たん。耑は頭髪をなびかせている巫祝の形。而は頭髪を切って髻のない巫祝を正面から見た形。立は一定の位置に立つ人の形で、位置を示す。端は定められた位置に端然として坐る巫祝の形で、“ただしくすわる、ただしい、ただす” の意味となる」

[考察]
字形の解剖にも意味の取り方にも疑問がある。而がなぜ頭髪を切った巫女なのか。耑がなぜ頭髪をなびかせた巫女なのか。需にも而が使われており、需を雨乞いする意味と解釈したいため、而を巫女にしたのであろう。
巫女が定位置に端然と坐るから端は「正しく坐る」の意味になったというが、同語反復の解釈である。さらに「儀場における巫祝の位置は上位の左端に位置している。それで端は“はし、はた” の意味となり、そこから数え始めるので“はじめ、いとぐち”の意味となる」と述べているが、言語外からの意味展開に必然性がない。
まず古典での端の用例を見る。
①原文:我叩其兩端而竭焉。
 訓読:我其の両端を叩いて竭(つ)くせり。
 翻訳:私は両端をたたいて[始めから終わりまであれこれ検討して]十分に説明する――『論語』子罕
②原文:夫尹公之他端人也、其取友必端矣。
 訓読:夫れ尹公之他は端人なり、其の友を取ること必ず端なり。
 翻訳:尹公之他[人名]は正しい人である。友との付き合いが正しい――『孟子』離婁下

①は「はし」の意味、②はただしい意味で使われている。これを古典漢語では*tuan(呉音・漢音タン)という。これを代替する視覚記号しとして端が考案された。
古典漢語では「はし」「かた」「そば」などの空間的位置関係をどう捉えたのか。片は二つ分かれたものの一方向(片側)、側は本体(中心)にくっついている所という捉え方である。では端はどんな発想から生まれた言葉か。中心から上下あるいは左右に等しく並んだ所、図示すると▯―▯の形、あるいは|←・→|の形で表せる。言い換えれば、中心点・基点から左右に一定の距離を保って等間隔に(バランスがとれて)並んでいる両側の位置がtuanである。片側だけではなく両側にある。だから「左右に平均して並ぶ」「バランス(釣り合い)が取れて並ぶ」というイメージがコアにある。
次に字源を見る。端は「耑タン(音・イメージ記号)+立(イメージ補助記号/限定符号)」と解析する。耑について『説文解字』では「物初生の題(ひたい、突端)なり。上は生(草が芽を出す)の形に象り、下は其の根に象る」と説明している。読み換えると、植物が地上に芽を出し、地下に根を両側に平均して垂れ下げている状況を想定した図形と解釈できる。だから耑だけで「はし」を暗示させることができたが、イメージを明確にするために立を添えて端が作られた。立は人が両足をそろえて立つ姿を現す図形で、「並ぶ」というイメージを表すこともある。端の図形的意匠は左右にバランスを取って(両足を並べて)立つ情景である。もちろん図形的意匠は意味そのものではない。意味はあくまで「はし」である。
意味はコアイメージによって展開する。「左右にバランスが取れて並ぶ」のイメージから、バランスよくそろっている、整っているという意味に展開する。これが端然・端正の端。また「はし」は本体の中心から両側に出て行く所であるから、本体から出てくる糸口、物事の始まりの意味を派生する。これが端緒・発端の端である。