「値」

白川静『常用字解』
「形声。音符は直。直は特と音・意味の近い字で、ものの本質を直視することをいう。説文に“一に曰く、逢遇するなり” とあり、“であう、あう”の意味に用いる。また直と通じて、“ね、あたい”の意味に用いる」

[考察]
直に「ものの本質を直視する」という意味はないし、これと「出会う」の意味とのつながりも分からない。また「あたい」の意味を直の仮借とするのもおかしい。
白川漢字学説には形声を説明する原理がない。だから値も正しく解釈できない。形声文字は言葉の深層構造に掘り下げないと意味の説明ができない。ただし意味は用例を調べれば分かることである。値は古典に次の用例がある。
①原文:無冬無夏 値其鷺羽
 訓読:冬と無く夏と無く 其の鷺羽を値(た)つ
 翻訳:冬と夏にかかわりなく  シラサギの羽[舞の用具]を立てて[踊っている]――『詩経』陳風・宛丘
②原文:明見無値。
 訓読:明見するも値(あ)ふこと無し。
 翻訳:はっきり見ようとしても[宇宙の根源である道に] 出会えない――『荘子』知北遊

①はまっすぐ立てて持つ意味、②は出会う意味で使われている。これを古典漢語ではdiəg(呉音でヂ、漢音でチ)という。これを代替する視覚記号しとして値が考案された。
値は「直(音・イメージ記号)+人(限定符号)」と解析する。直は「まっすぐ」「まっすぐに当たる」というイメージがある(「直」で詳述)。 図示すると↑の形や⊥の形である。人は人、この場合は人の行為に関係があることを示す限定符号。したがって値は物をまっすぐ立てて持つ行為を暗示させる図形。これが上の①の意味とつながる。
イメージは転化するものである。↑や⊥の形は垂直のイメージだが、視点を水平の軸に換えると、|→←|の形のイメージにもなる。これは「(二つのものが)ぴったり当たる」というイメージである。ここから「(二人が)出会う」という②の意味が実現される。また「ぴったり相当する(釣り合う)」というイメージにも転化する。ここから物にぴったり釣り合ったあたい(値段)という意味を派生する。
以上のように、言葉の深層にあるイメージ(コアイメージ)を捉えると、言葉の意味、およびその転義の諸相がうまく説明できる。