「遅」
正字(旧字体)は「遲」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は犀さい。甲骨文字・金文の字形は遟に作り、音符は屖。屖は人の後ろから辛(刑罰用の針)で罰を加える形。これに辵(歩くの意味がある)を加えて歩行が困難となることを遟といい、“おそい、おくれる、のろい、はかどらない” の意味となる」

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理がなく会意的に説くのが特徴である。屖(刑罰を加える)+辵(歩く)→歩行が困難となるという意味を導く。
字形の解釈をそのまま意味とするから、「歩行が困難となる」を意味とするが、これは図形的解釈であって意味ではあるまい。そんな意味は遲にない。意味とは「言葉の意味」であって字形にあるわけではない。意味は文脈で実際に使われる意味である。古典で遲の用例を見てみよう。
①原文:行道遲遲 中心有違
 訓読:道を行くこと遅遅たり 中心違ふ有り
 翻訳:道を行く足は進まぬ 心に抱く仲違い――『詩経』邶風・谷風
②原文:彌月不遲 是生后稷
 訓読:月を弥(わた)りて遅からず 是れ后稷コウショクを生む
 翻訳:月満ちて遅れることなく 后稷[人名]を生んだ――『詩経』魯頌・閟宮

①は進み方がおそい意味、②は予定の時間におくれる意味で使われている。これを古典漢語ではdier(呉音でヂ、漢音でチ)という。これを代替する視覚記号しとして遲が考案された。
まず語源であるが、遲と穉(稚)は関連のある語で、語史が古い(二語とも詩経にある)。藤堂明保はこれらの語源を究明し、窒や実・質などと同源であり、「いっぱい詰まる」という基本義を見出した(『漢字語源辞典』)。
ある空間内にいっぱい詰まった状態は、塞がった状態でもあり、通じが悪い状態でもある。「詰まる」「満ちる」「ふさがる」は可逆的イメージである。ここから「スムーズに通らない」というイメージにも展開する。空間内で物が移動するのは時間とも密接に絡む。スムーズに通らないと時間がかかるのは言うまでもない。これが「おそい」「おくれる」という語の成立の基盤である。古典漢語では「いっぱい詰まる」というコアイメージから「スムーズに通らない」というイメージ展開を経て、時間的におそいを意味するdierという言葉が生まれたのである。
次に字源。遲の篆文は右側が犀、穉では屖になっている。金文に遡ると遲の右側も屖になっており、穉の篆文の右側と同じ。犀と屖は同音(サイ、セイ)であるが、意味が違う。犀は動物のサイであるが、屖は「おそい」の意味である。これらにはどんな関係があるのか。
動物のサイを表す犀から屖が作られたと考えられる。犀の一部の尸と辛(鋭い刃物)とを合わせたのが屖である。なぜこんな字が作られたのか。進み方がおそいという意味と、堅くて鋭いという意味を同時に表すためである。サイの特徴を捉えると二つのイメージがある。生態的特徴としは歩行がゆったりしていること、形態的特徴としは角が堅く鋭いこと。前者から「おそい」の意味、後者から「するどい」の意味が実現される。これを屖で表し、動物のサイは犀と書いて使い分けた。
遲の字源は「屖(音・イメージ記号)+辵(限定符号)」から、「犀(音・イメージ記号)+辵(限定符号)」に変わった。屖も犀も進み方がおそいというイメージを表す記号になりうる。これ以上の説明は不要だろう。