「置」

白川静『常用字解』
「形声。音符は直。上部は网(あみの形)で、直に植てるの意味がある。網を植てる、 かすみ網などを立てかけておくことを置という」

[考察]
字形から意味を引き出すのが白川漢字学説の方法である。网(あみ)+直(たてる)→網を立てかけておくという意味を導く。
字形の解釈をそのまま意味とするのが白川漢字学説の特徴である。この方法は意味に余計な意味素が混ざる傾向がある。置は「網を立てる」という意味があるだろうか。意味とは「言葉の意味」であって、具体的な文脈で使われる意味である。置は古典で次のような文脈で使われている。
①原文:置我鞉鼓
 訓読:我が鞉鼓トウコを 置(た)つ
 翻訳:私の振り鼓を立てておく――『詩経』商頌・那
②原文:無置錐之地。
 訓読:錐を置くの置無し。
 翻訳:錐を置く余地がない――『荘子』盗跖

①はその場にまっすぐ立てておく意味、②はある場所にじっと据えておく意味で使われている。これを古典漢語ではtiəg(呉音・漢音でチ)という。これを代替する視覚記号しとして置が考案された。
置は「直(音・イメージ記号)+网(限定符号)」と解析する。直は「まっすぐ」のイメージがある。図示すれば「↑の形」である。これは「まっすぐに立てる」のイメージにもなる。 网は網と関わることを示す限定符号。限定符号は意味の領域を指定する働きがある。ほかに図形的意匠を作るための場面設定の働きがある。網と関係のある場面を設定して具体的な情景・情況を作る。これは意味を暗示させるための仕掛けである。網をまっすぐに立てる場面とするのが置の図形である。この意匠によって「まっすぐ立てて置く」ことを暗示させようとする。言葉の意味は「まっすぐ立てておく」だけであって、網は意味素に入らない。漢字の専門家すらこの漢字造形法のからくりを知らない人が多い。図形からべったりと(そのままに)意味を取るから、意味を間違えてしまう。図形的解釈と意味は同じではない。